FC2ブログ

花鳥獣風月(スイス生活)

スイスの野鳥、動物、花や景色、イベントなど  (Blog内の画像や文の無断使用禁止 引用、まとめサイトでの使用も禁止)
 

バーバリーマカク、シロエリマンガベイ、キイロヒヒ

2017年9月8日(金) 曇り 9~20℃ 17621歩ポーランド Wrocław Zoo(ヴロツワフ動物園)の色々なサルたちここには珍しいサルも多く飼育されていますが、飼育場所があちこちに別れています。ここには数種類のサルがまとめて飼育していた場所バーバリーマカク (ムフロンと混合飼育)シロエリマンガベイガラス越しに撮影シロエリマンガベイの子供和名:シロエリマンガベイ学名:Cercocebus torquatus英名:Collared Mangabey、Che...
0

クロホエザル、ボウシテナガザル

2017年9月8日(金) 曇り 9~20℃ 17621歩ポーランド Wrocław Zoo(ヴロツワフ動物園)のサルたちサルの品種によっては屋外の木に行けるように通路やロープが貼ってあります。屋内にも屋外にもいない時は近くの木にいることも。ここにいたのは何か不明・・・屋外の高い木の上にはクロホエザルだと思うクロホエザルのメスと子供だと思う木の位置が高いので肉眼ではよく見えず、上を気にしないと居るのに気づかない人もいるようで...
0

ペリカン、シマアジ、ホンケワタガモ、アオサギ(野鳥)

2017年9月8日(金) 曇り 9~20℃ 17621歩ポーランド Wrocław Zoo(ヴロツワフ動物園)の色々な鳥たち飼育場所はそれぞれ違います。モモイロペリカンモモイロペリカンの場所にいた野鳥のアオサギ君、どこにでもいるわねwモモイロペリカン水鳥の池2015年にオープンしたOdrariumポーランドで2番めに長い大河 オーデル川(ポーランド語 Odra)の生態系を展示地下に行くと水槽があって魚や植物(海藻)が見られる作りオーデル川...
0

Poitou-Esel(ポワトゥーロバ)

2017年9月8日(金) 曇り 9~20℃ 17621歩ポーランド Wrocław Zoo(ヴロツワフ動物園)の家畜や家禽を集めたふれあいできる場所ロバ、馬?の像ここが家畜類を集めたふれあいの場所だけれど時間がなかったので明日のお楽しみに馬小屋色んな馬の品種の説明Poitou-Esel(ポワトゥーロバ)フランス原産の大型のロバ、毛が長くてドレッドヘアみたいになってるのが特徴なのだけどここのポワトゥーロバはツルツルで艶々!最初違う品種...
0

農業機械と昆虫ホテル

2017年9月8日(金) 曇り 9~20℃ 17621歩ポーランド Wrocław Zoo(ヴロツワフ動物園)の家畜や家禽を集めたふれあいできる場所の周りには農耕機が色々展示してあったの奥に見える建物の内側は家畜がいる場所昔の農耕機なのかしら?スイスでもよく見かける感じのモノ(私は酪農系のイベントによく行くので)色んな農耕機が展示してありました。馬にひいてもらって使うものかしら?奥にあるのは馬小屋(ポニーやロバがいました)...
0

スマトラトラ(動画付)

2017年9月8日(金) 曇り 9~20℃ 17621歩ポーランド Wrocław Zoo(ヴロツワフ動物園)のスマトラトラスマトラトラの放飼場トラについての説明こちらもトラについての案内板トラについての説明トラの品種や分布についてトラの放飼場には笹薮があるのよペロペロペロペロ普段行ってる動物園にいるのはアムールトラなので、スマトラトラは新鮮!小さいわねー植物も多いのでタイミングが悪いと見れません等身大?のパネル植物の影に...
0

クロザル

2017年9月8日(金) 曇り 9~20℃ 17621歩ポーランド Wrocław Zoo(ヴロツワフ動物園)のクロザル屋外にでていたクロザル手に持っている木片に何かついてるのかしら?木片をかじるクロサル 横のクロサルが羨ましそうにしてたの譲ってもらえなくてしょんぼりこのクロザル 怪我なのかしら?片目と片腕が不自由なようです。鼻も怪我したのかしら?もしかしてケンカとかなのかしら?世界で一番美しいサルの図鑑 [ 京都大学霊長類...
0

ナマケモノ、オオハナジログエノン 他 珍しい生き物、サル類

2017年9月8日(金) 曇り 9~20℃ 17621歩ポーランド Wrocław Zoo(ヴロツワフ動物園)のMonkey House(モンキーハウス)こちらもかなり古そうな建物建物の周りには屋外ケージがあります。和名:カオジロムササビ(の亜種 正式和名不明)学名:Petaurista alborufus castaneus英名:Red and White Giant Flying Squirrelこの子は欧州の動物園ではこことオランダの2園でのみ飼育していて珍しいムササビ凄い見たかったけれど残念...
0

WILK オオカミ

2017年9月8日(金) 曇り 9~20℃ 17621歩ポーランド Wrocław Zoo(ヴロツワフ動物園)のオオカミオオカミの放飼場 ガラス越しに撮影木の下の木陰にオオカミが集まって休憩中オオカミについての案内板ポーランド語ではWilk(複数形 Wilki)と呼ぶようです。なんか弱そうな名前に思えたんですけど・・・・ここで飼育してるのはタイリクオオカミ(ハイイロオオカミ)のようです。オオカミには亜種も多いのだけどGray wolf (Cani...
0

Afrykarium アカツクシガモ、ペンギン

2017年9月8日(金) 曇り 9~20℃ 17621歩ポーランド Wrocław Zoo(ヴロツワフ動物園)でとても有名なアフリカの生態系の展示施設Afrykarium(アフリカリウム)翌日にガイドツアーに参加する予定なのでこの日は屋外をちらっと見たのみとても大きいのでカメラに収まらずこの画像だと判り難いですが、四角い建物の中央に船の先端部分のような建物がくっついていてその周りにプールがあるの画像に写ってるのが船の先のような部分で...
0

高齢のアジアゾウ2頭

2017年9月8日(金) 曇り 9~20℃ 17621歩ポーランド Wrocław Zoo(ヴロツワフ動物園)のアジアゾウアジアゾウの放飼場ここはゾウ舎が古いので横にある放飼場も作られたのは結構前だと思うのですが、土を敷いたり沢山の遊びものを置いたりかなり工夫をしてゾウが退屈しないように努力しているのがわかります。こんなに沢山の物をゾウの敷地に入れてるのは初めて見たわアジアゾウについての説明ここにいるアジアゾウは2頭の高齢...
0

ブラジルバク

2017年9月8日(金) 曇り 9~20℃ 17621歩ポーランド Wrocław Zoo(ヴロツワフ動物園)のブラジルバクブラジルバク(アメリカバク)の放飼場は古い建物のゾウ舎の横にありました。ピンクのがゾウ舎でコビトカバ、ブラジルバク、アジアゾウの屋内獣舎なのだけれど、行ったときは屋内には入れなかったの非公開なのかそれともたまたま閉まってたのか不明です。ブラジルバクは2頭 餌の入ってるらしいボールもあるわねタイヤとか遊...
0

キョンとインドサイの混合飼育(動画付)

2017年9月8日(金) 曇り 9~20℃ 17621歩ポーランド Wrocław Zoo(ヴロツワフ動物園)ではキョンとインドサイを混合飼育しているのお食事中のキョン和名:キョン学名:Muntiacus reevesi英名:Reeves' muntjacシカ科ホエジカ属に分類される小型のシカ体長70-100cm、肩高40-50cm、体重10-15kgインドサイと餌は共同みたいだけれど、このときはインドサイがいなかったのでキョンが独り占め美味しい?もぐもぐ刈り取った草をまとめ...
0

絶滅したと思われていた珍しいチャコペッカリー

2017年9月8日(金) 曇り 9~20℃ 17621歩ポーランド Wrocław Zoo(ヴロツワフ動物園)にはチャコペッカリーもいるの!この子がチャコペッカリー学名:Catagonus wagneri英名:Chacoan peccary(Tagua)和名:チャコペッカリーペッカリー科で現在もいるのはクチジロペッカリー、クビワペッカリー、チャコペッカリーの3種3種共、欧州の動物園では見ることができますが、最も多く飼育されているのがクビワペッカリークチジロペッカ...
4

ワラビー、ロウバシガン、エミュー、カンガルー

2017年9月8日(金) 曇り 9~20℃ 17621歩ポーランド Wrocław Zoo(ヴロツワフ動物園)のオーストラリアの生き物たちベネットワラビー(アカクビワラビー) オーストラリア原産のロウバシガン、エミューと混合飼育お食事するベネットワラビー可愛いベネットワラビーロウバシガンロウバシガンは縄張り意識が強いの隙間から覗いて威嚇してたの(威嚇されたのは一人のみですけど・・・・)この隙間に来ては威嚇してた2羽いたうち...
0
このカテゴリーに該当する記事はありません。