年越し蕎麦

2011年12月31日(土)7~0℃ みぞれ、雨、強風 2766歩

大晦日はいつもはちょっと豪華なお食事にしてたけれど、ここ数日利休の体調が悪くて食欲もないので
ご馳走作っても食べないと勿体無いので、今回は年越し蕎麦のみにしたのよ

b20111231 00031
天ぷら蕎麦
海老は10本揚げたけれど、早く食べないと溶けちゃうのでとりあえず2本乗せてみました。

利休はお蕎麦はあまり好きじゃないのだけれど、大晦日にはいつもお蕎麦を食べてもらってるの
(ご馳走を普通に食べて夜中にお蕎麦がいつものパターン)
天ぷらは好きなので、お蕎麦も天ぷら蕎麦にすると食べるのよねー

b20111231 00032
天ぷら蕎麦だけではちょっとさびしいと思ってオレンジ色のサツマイモとジャガイモ&たまねぎのかきあげも作ったの
美味しいって久々にちゃんと食べてくれて良かったわ


各1日1回クリックで応援宜しくお願い致します! ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン
[ 2011/12/31 23:28 ] 飲食 | TB(0) | CM(4)

大晦日もいつもと変わらず

2011年12月31日(土)7~0℃ みぞれ、雨、強風 2766歩

大晦日と言っても野鳥たちには関係ないので・・・いつもどおりバルコニーに来てくれてたわ

b20111231 00005
イエスズメの団体さん
バルコニー凄く汚いですが・・・汗
バルコニーはお掃除しなかったのよ。強風&雨で濡れてるから掃除機も使えないし
鳥って本当に凄く汚すわよねー、食べてるより落としてる方が多いと思うときも・・・
床に落ちてるのが殻なのか中身が入ってるのか・・・って感じで、マメにお掃除すると
まだ食べていないヒマワリの種他もお掃除するのは勿体無いので、週に1,2回しかお掃除してないの

b20111231 00008
雨&強風の中、がんばって餌を食べに来てたわ

b20111231 00017
イエスズメの女の子たちがこっちを見てる!可愛い♪

b20111231 00021
背伸びして家の中を覗くイエスズメのメス

b20111231 00027
必要な物があって雨&強風の中、スーパーに行ったら、その時に見つけたクロウタドリのオス
実はこの木に4羽も来ていたけれど、強風でカメラを構えても揺れてしまって・・・写せたのはこの一羽のみ
この木になってる実を食べに来てたのよ

各1日1回クリックで応援宜しくお願い致します! ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン
[ 2011/12/31 15:40 ] 野鳥 | TB(0) | CM(0)

可愛いファンシーピジョン

しばらく放置していたにも関わらず、このBlogを見に来てくださってどうもありがとうございます。
来年もどうぞ宜しくお願い致します。ご意見、ご感想などコメントも頂けると嬉しいです。
喪中につき年頭のご挨拶失礼させて戴きます。
年末年始でお忙しいと思いますが、お体に気をつけて、良いお年をお迎えください。

Blogをほぼ毎日更新してるにも関わらず1日にいくつもの記事を書いていたので
更新がすっかり遅れています。
チューリッヒ動物園、ファンシーピジョンの展示会、小動物の展示会 他 まだまだUPしてないことが沢山ありますが
年内更新は無理なので・・・汗

お気に入りのファンシーピジョンの画像を!
展示会の様子は近日中にでもUPできたらと思っています。

b20111210 00526

b20111210 00538

b20111210 00555

b20111210 00605

b20111210 00662

b20111210 00767

各1日1回クリックで応援宜しくお願い致します! ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン
[ 2011/12/31 05:32 ] お知らせ | TB(0) | CM(0)

野鳥を探しに出かけよう!

バードウォッチングと言っても私の場合メインが家のバルコニーに来てくれる野鳥や近所の野鳥を見ていて
時々動物園などに来てる野鳥を見るぐらいで、本格的にやっていないので、初心者用の本が欲しくて
書店で色々見て面白そうだし良さそう!と思って買ってきたのがこの本

でもこの本って「定年前から始める男の自由時間」って言うシリーズで(汗)
姉に「男でも定年前でもないのになんでコレ買って来たの?」って突っ込まれてしまったわ。苦笑

この「定年前から~」のシリーズ面白そうな本が色々出てるのよねー
盆栽、一眼レフ、味噌・漬物・ベーコン、とか面白そうなのがあったわー
機会があったらまだまだ欲しい本がありそう

私は「中身男」だから・・・苦笑 男の定年前シリーズがあってるのかも?

野鳥を探しに出かけよう! さえずりに誘われ森へと分け入る (定年前から始める 男の自由時間)野鳥を探しに出かけよう! さえずりに誘われ森へと分け入る (定年前から始める 男の自由時間)
(2005/12/08)
大木 邦彦

商品詳細を見る


文章も読みやすいし、バードウォッチングの基礎知識、楽しみ方、簡単な鳥の紹介や見つけ方、見た鳥の調べ方、
双眼鏡やフィールドスコープ、の使い方や選び方、鳥の撮り方、鳥の声の録音の仕方、鳥の記録の仕方、
羽を集めて保存する方法、鳥の足跡模型やバードカービングの方法、野鳥を呼ぶ方法(庭などでの餌のやり方)
簡単な探鳥地ガイド など かなり色々な情報が載っていて凄く興味深いです!

特に初心者や野鳥の会とかサークルとかにまだ入っていなくて一人で観察してる人とかには
かなり参考になることが多いと思います。

各1日1回クリックで応援宜しくお願い致します! ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン
[ 2011/12/27 03:04 ] | TB(0) | CM(0)

日本の鳥300

日本に行ったときに本を結構買ってきたのだけれど、野鳥関連の本も数冊買ってきたのよ
私が野鳥観察に興味を持ったのはドイツに移住した後だったので、持ってる野鳥の本は
ドイツの本ばかりだったので、日本の野鳥の本も買ってみました。

ヨーロッパと日本で同じ鳥も結構いるけれど、大きさや色など若干違うものもいるのよ。

日本の鳥300 (ポケット図鑑)日本の鳥300 (ポケット図鑑)
(2005/04)
叶内 拓哉

商品詳細を見る


この本は小さくてサイズ的にも持ち歩きにも便利(厚さはあるけれど)
フルカラーの写真つきで、オス、メスの写真や飛んでるときに写真などが載ってる鳥もあって
とりあえず何の鳥?って調べるのには便利です。

各1日1回クリックで応援宜しくお願い致します! ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン
[ 2011/12/27 02:50 ] | TB(0) | CM(0)

キタキツネ物語

先日、MDR(ドイツの放送局)で「キタキツネ物語」を放送していたのを知らなくって
偶然チャンネルを変えた時にエンディングのみ見てそれだけでも思い出して泣きそうになっちゃったのよね
ちなみにドイツ語のタイトルは「Der Gletscherfuchs」(氷河狐)

DVDは持っていたけれど、絶対泣く!と思って勇気が無くて何年も見てなかったけれど
ちらっと見ちゃったら気になってしまって、夜中に眠れなくて起きてしまったのでコッソリ一人で鑑賞
(テレビとか映画を観て泣くと利休に「泣くんだったら観るんじゃない!」って消されちゃうので)

感想にはネタばれ有なので、ストーリーを知りたくない人は読まないでね

キタキツネ物語 [DVD]キタキツネ物語 [DVD]
(2010/02/16)
ドキュメンタリー映画

商品詳細を見る


この映画、野生のキタキツネのドキュメンタリーで、ずーっと前に見てたのでストーリーはもちろん覚えていたけれどやっぱり凄い過酷な話
冒頭にテロップが出るけれど、冬を越せるキツネはなんとたったの7%ですって!
キタキツネ家族ってだいたい6,7匹だから家族全滅っていうのもよくあることなのね。。。
北海道で見かけたあの野性のキタキツネも来年にはもういないかもしれない確立の方がずーっと高いなんて信じられないわ。。。

サンリオ映画で子供向けのハズが、残酷な場面も多くて観るのが辛いシーンも多いです。
母キツネのレイラが罠に脚を挟められて逃げるシーンとか・・・本当にカメラで追ってるのよね?
かなり長時間写してるし、野生キツネなら罠に挟まれたショックや痛みとカメラを持った人間に追われて
二重の苦しみだったんじゃないのかしら?

ルッサムが死ぬ原因も噛んだら口の中で爆発するという恐ろしい口発破という仕掛けだし
ヌプリとシリカも密猟者や猟師によって殺されてしまうのよね

目の悪かったチニタとヌプリ以外の4匹はみんな人間(人間の飼っている猟犬含む)にやられてしまって
キタキツネの生活をいかに人が脅かしてるのかがわかります。
子供で唯一生き残ったシリカも猟犬に耳を食いちぎられて痛々しい姿なのよねぇ・・・

それにしてもお父さんのフレップは強くてカッコいい!!!やっぱり大好き!

この映画の原案や動物監督は映画「子ぎつねヘレン」の原作者の竹田津実さんで、ドキュメンタリーだけど
野生のキツネをアップで撮ったり監督の指示通りの所を歩かせたりするのは無理なので、そういう部分は
当時、竹田津さんが飼っていたキツネを使ってるそうです。
竹田津さんの本を何冊か読んだけれど、本に書いてあったの

子ぎつねヘレンがのこしたもの (森の獣医さんの動物日記)子ぎつねヘレンがのこしたもの (森の獣医さんの動物日記)
(1999/05)
竹田津 実

商品詳細を見る


キタキツネはやっぱりいいです!子供も凄く可愛いし、大人も綺麗
特に冬毛のふわふわの時はとっても可愛い!

北海道の野鳥や自然、エゾリスやエゾシマリスなども写っていて、そういうのを観るのも懐かしくて嬉しかったわ
キタキツネがウサギ、鳥、ネズミなどを狩る様子も凄いです。
飛んでる鳥もジャンプして獲ったりするのよ
音楽もキタキツネの様子や場面にあっていて良いけれど、時々流れる音楽というか効果音がホラー映画っぽくて怖いところも・・・。
キツネ好き、野生動物好きの方にはお勧めだけど、野生の厳しさが凄いので覚悟して見た方がいいわー

うちの裏山にもキツネがいるようなので(一度だけ見たの)今度、キツネ観察に出かけてみましょ

各1日1回クリックで応援宜しくお願い致します! ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン
[ 2011/12/26 14:27 ] TV・映画 | TB(0) | CM(0)

旧市街のにゃんこ

2011年12月18日(日)曇り、雪 6~4℃ 11757歩

Sternsingen(歌う星の意味)のパレードの前に旧市街で待っていると。。。

b20111218 00795
綺麗な白黒のにゃんこが登場 石畳に猫っていい感じだわー
パレードを待っている小路の端に立ってる人達の前をふらふらと歩いていたのよ

b20111218 00799
明かりのついたドアの前にいるにゃんこ
人の近くには来るけれど、子供が触ろうとするとスッと逃げちゃうのよね

パレードにラクダや馬が来るのを知ってたので「あの猫大丈夫かしら?」って利休に言ったら
「何が起こってるのか猫も興味があって見にきたんじゃない?」って言うので
「Curiosity killed the cat!?」(好奇心は猫を殺す、好奇心があり過ぎると痛い目にあうということわざ)って言ったら
「A cat has nine lives」(猫に九生あり、高い所から落ちても死なない猫をなかなか死なない、しぶといという意味)って
利休が言ったのよー!
猫に九生ありって知ってたけれど、本当に使ってるの初めて聞いたわ
昔の言い伝えみたいなものだと思ってたのに、今でも使うのねー。。。笑

パレードのときにどこかに行っていた猫が終わった途端またすぐ出てきたのよー
私たちの近くでパレード見てたのかしら???

b20111218 00851
石の台みたいなのに乗るにゃんこ

b20111218 00854
暗くなってからも人が多いからびっくりしたのかしらね?
きょろきょろしてたわ、綺麗な猫だしきっとこの辺りの飼い猫よねー


各1日1回クリックで応援宜しくお願い致します! ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン
[ 2011/12/18 18:23 ] 動物 | TB(0) | CM(0)

Sternsingen(歌う星)のパレード2 動画付

2011年12月18日(日)曇り、雪 6~4℃ 11757歩

Sternsingen(歌う星の意味)のパレードの続きです。

b20111218 00826
前の人、中国っぽいお洋服よね お馬さんに乗った人も登場

b20111218 00827
馬に乗ってパレードする人

b20111218 00834
変わった形のライトやターバンを巻いた人

暗闇の中を歩く馬の動画↓ 真っ暗ですが馬の蹄の音が聞こえます。馬の鼻息が白いけれどこのとき、4℃ぐらいかしら?



b20111218 00837
変わった衣装の人たちを先頭にラクダさん登場

b20111218 00840
三賢者は東方から来たと言われていてKrippe(クリッペ)にもよくラクダがいるのよ

b20111218 00841
Kinderzooのラクダさん、Kinderzooに行くとこのラクダさんに乗れます♪
(冬季休業中、次の営業は3月10日からです)

b20111218 00842
ラクダのこぶの下に布がかかるようにちゃんと作ってあるのねー

b20111218 00845
ラクダが旧市街を歩くのを見るって不思議な感じで面白かったわ

旧市街を歩くラクダの動画↓真っ暗ですけど。。。



利休はラクダの歩いてるところを近くでじっくり見たことがなかったようで、旧市街の石畳の上でも
音もなく歩くラクダに感動していたわ
ラクダって砂漠を歩くので、砂に足が沈まないように足を地につけたときに広がるのよ
それが面白い!って興奮してたわー

b20111218 00849
ラクダの行列の後姿

パレード自体はほんの5分ぐらい(目の前を通った時間)の小規模なものだけど、動物たちも可愛いし
中世の衣装も素敵で、暗い旧市街という雰囲気がとても良くて来年もまた見にきたいわー
その時は劇も見られるかしら??

各1日1回クリックで応援宜しくお願い致します! ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン
[ 2011/12/18 18:21 ] イベント クリスマス関連 | TB(0) | CM(0)

Sternsingen(歌う星)のパレード1 動画付

2011年12月18日(日)曇り、雪 6~4℃ 11757歩

Rapperswil(ラッパースヴィル)で私が見たかったのはこのパレード

Sternsingen(歌う星の意味)で、旧市街の暗い道を仮装した約100人の人たちが動物たちと一緒にパレードするのよ
このパレードはキリスト降誕(イエスキリストが誕生するときのこと)の劇とクリスマスキャロル(クリスマスの賛美歌)を広場で
行う前に出発点の教会から広場までのパレードで、聖母マリア、ヨセフ、羊飼い、三賢者などがいるの
動物たちはRapperswilにある動物園Knies Kinderzoo(クニー子供動物園)の動物たちなのよ

動画を見て頂ければわかると思いますが、旧市街はかなり暗かったのよ
画像が明るく写ってるのは暗闇に強いカメラを探して買ったのでISO上げて一眼レフで撮影したからです。
(その代わりISO上げすぎてザラザラした感じの画像ですが・・・)

b20111218 00800
白いマントを着て賛美歌を歌いながら歩く子供たち

とっても綺麗な声で旧市街の暗い中で鐘の音もしていてとっても雰囲気が良かったわ

暗闇の中、賛美歌を歌いながら歩く子供たちの動画↓(途中で歌が終わって次の歌に続きます。



b20111218 00804
大人の女性の賛美歌を歌うグループ

b20111218 00806
王冠みたいのかぶってるので、後ろの人が三賢者の一人かしら?
日本で言う三賢者はこちらでは三人の王様(Drei Koenige)です。
手前の人が持ってる星のライトは、三賢者を導いたと言われる星をあらわしてるんだと思うわ

b20111218 00808
かわいいロバさん

b20111218 00813
かわいい羊たちと羊飼い

b20111218 00817
この羊さん、多分Walliser Schwarznasenschaf(ヴァレーの黒い鼻の羊という意味) っていう種類の羊

b20111218 00818
羊は数匹のみ紐で繋いでいて他の子はついて歩いてるのよ
群れで移動する羊の習性を利用してるのね 子羊もいて可愛かったわ~

b20111218 00820
こちらの団体さんはよくわからないけれど、中世の衣装?
動画が撮れなくて残念だけれど、中央の女性が吹いている笛の音がとても綺麗でした。

b20111218 00822
広場での劇を見たら何の仮装なのかわかるんでしょうね・・・

b20111218 00823
ランタンや杖を持って歩いてるの

パレードの様子はもう少し続きます。

各1日1回クリックで応援宜しくお願い致します! ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン
[ 2011/12/18 18:18 ] イベント クリスマス関連 | TB(0) | CM(0)

Rapperswil旧市街のイルミネーション

2011年12月18日(日)曇り、雪 6~4℃ 11757歩

Rapperswil(ラッパースヴィル)に今日来たのは、実はクリスマスマーケットよりもパレードが目的だったの
クリスマスマーケットは以前見てるけれど、パレードは見たことが無かったし夜は一人で出歩くのが怖いので
利休に付き合ってもらったのよ
パレードは旧市街で行われてかなり混むようなので早めに様子を見に行ったの

b20111218 00780
ここがパレードの終点になるHauptplatz(ハウプトプラッツ)

b20111218 00781
ここの広場っていつもこういう大きいアルファベットが飾ってあって文字が書かれてるの
今日の文字は「STIMMUNG」(上機嫌)でしたわ。

b20111218 00782
旧市街のイルミネーション

b20111218 00785
旧市街のお店のディスプレィ
ディスプレィが派手すぎて何のお店かと最初わからなかったぐらい。
サングラスを置いてるからメガネ屋さん?

b20111218 00786
こちらも旧市街のお店のショーウィンドー

b20111218 00787
旧市街に集まる人
まだ1時間以上もあるのにこれから始まるSternsingen(スターンズィンゲン、歌う星という意味)の劇や歌を見る為に人が来てるのよ

本当はパレードと劇を見るつもりだったけれど、利休が寒がっちゃって始まるまでにまだ1時間以上あって
パレードに30分、劇&歌に30分ぐらいかかるようなので、仕方なく急遽予定変更して
「劇や歌はいいからじゃあパレードだけ見て帰りましょ」って言ったのよ
利休は自称北イングランド出身で寒さに強いって言ってるのに、寒さに弱くて弱くて・・・(私と比べると)
クリスマスマーケットとかに行っても寒がって機嫌悪くなるのよねぇ・・・厚着するように言っても
「体は大丈夫だけれど、手先、足先と鼻や耳が寒い」って言うし・・・。

でもこの前テレビで「凍傷」についてのことをやってるのを見たら利休のような持病のある人は凍傷になりやすいので
寒いところに行かないようにしましょうって言ってたので、可哀想だから今日はやさしくしてあげたのよ。

b20111218 00792
旧市街のクリスマスツリー
旧市街はかわいい建物やお店が沢山あるけれど、殆どのお店がもう終わっていて暗かったのよ
一応、ショーウィンドーに明かりがついていたりイルミネーションも飾ってあるけれど、それでも暗かったです。

b20111218 00793
旧市街の小路
パレードが来るのであちこちの道を柵で封鎖していてセキュリティに聞いてもパレードのルートはわからなくって
「この辺りで待ってればパレードが来ますよ」って言われたので、広場近くで待つことにしたのよ

b20111218 00794
旧市街のお店のショーウィンドーのディスプレィ
雪が降っていたので、このお店の軒下で待たせてもらってたら感じの良いお店の人が店じまいをして出てきて
「パレード楽しんでねー」って笑顔で帰っていったわ

旧市街にはパレードを待つ人たちが居てショーウィンドーを見たりして時間を潰してる人が多かったのよ

b20111218 00855
旧市街のイルミネーション

各1日1回クリックで応援宜しくお願い致します! ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン
[ 2011/12/18 17:16 ] イベント クリスマス関連 | TB(0) | CM(0)

Christkindlimaert 3

2011年12月18日(日)曇り、雪 6~4℃ 11757歩

Rapperswil-Jona(ラッパースヴィル・ヨナ)のクリスマスマーケットChristkindlimaert (クリストキンドリマルト)の続きです。

b20111218 00751
子供部屋に飾ったりする木の時計やネームプレートなどのお店

b20111218 00752
蜂蝋のお店

b20111218 00753
帽子や手袋などのお店

b20111218 00756
Krippe(クリッペ)

b20111218 00759
クリスマスツリーとお店

b20111218 00766
星の形のライトのお店

b20111218 00767
生姜製品のお店
ショウガ入りのPUNCHI(アルコールなしのグリューワイン)が売ってたので、利休が寒がってるから「買ったら?」って言ったけれど
「蛟のお茶の方がいい!」って買わなかったのよねぇ・・・

b20111218 00777
お菓子のお店 屋根の上にトナカイさん

b20111218 00769
ソーセージと棒に薄い豚肉を巻きつけた物を売ってるお店

b20111218 00770
似たようなものをケルンの中世のクリスマスマーケットで買って食べたことがあって、利休が興味があるって買ってみたの

b20111218 00773
ボケちゃいましたが・・・買うとこんな風に先に固いパンを突き刺してくれるのよ
お肉には味がついていてわりと美味しかったけれど、コレで10フラン(約850円)は高いような・・・
利休は「クリスマスマーケット価格なんだよ」って言ってたけれど、スイスはお肉が高いのでまぁ仕方ないのかも?

各1日1回クリックで応援宜しくお願い致します! ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン
[ 2011/12/18 17:04 ] イベント クリスマス関連 | TB(0) | CM(0)

Christkindlimaert 2

2011年12月18日(日)曇り、雪 6~4℃ 11757歩

Rapperswil-Jona(ラッパースヴィル・ヨナ)のクリスマスマーケットChristkindlimaert (クリストキンドリマルト)の続きです。

b20111218 00736
ぬいぐるみのお店

b20111218 00737
私たちの苦手なラクレットのお店 辺りは強力なチーズに匂い。。。

b20111218 00738
キャンドルや飾りのお店

b20111218 00740
クリスマスマーケットの様子 こんな感じでお店が並んでるのよ

b20111218 00741
お店とメリーゴーランド

b20111218 00750
小さいメリーゴーランド 色もカラフルでかわいい

b20111218 00742
クリスマスマーケットの様子

b20111218 00745
アクセサリーやアロマオイルのお店

b20111218 00746
飾りのお店

b20111218 00747
サラミのお店

Rapperswilのクリスマスマーケットの様子はもう少し続きます。

各1日1回クリックで応援宜しくお願い致します! ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン
[ 2011/12/18 16:44 ] イベント クリスマス関連 | TB(0) | CM(0)

Christkindlimaert 1

2011年12月18日(日)曇り、雪 6~4℃ 11757歩

Rapperswil-Jona(ラッパースヴィル・ヨナ)のクリスマスマーケットChristkindlimaert (クリストキンドリマルト)に
利休と一緒に行ってきました。
ここはRapperswil(ラッパースヴィル)という名前の町だけどお隣のJona(ヨナ)と合併したとかで
ツーリストインフォメーションとかの情報には二つの町の名前が書いてあるの
ここのクリマスマーケットには以前も着たことがあるの(2年前ぐらいだったかしら)

b20111218 00730
Rapperswilの駅から徒歩数分の湖の前の広場にお店が並んでいます。

Rapperswilでは二回に分けて違う場所でクリスマスマーケットが開かれていて最初のは9日~11日に旧市街で開かれていたの
今回のマーケットは13日~18日で、本日が最終日だったのよ

b20111218 00720
アクセサリーのお店

b20111218 00723
子供用の小さい汽車の乗り物
この日は湿った雨に近いような雪が降ったりやんだりで、人はそれなりに出ていたけれどこういう乗り物には
乗る子は少なかったのかも?

b20111218 00724
大きいKrippe(クリッペ)
前に来たときもたしかあったと思うので同じのが毎年飾られてるんじゃないのかしら?

b20111218 00725
木で作られたクリッペの牛や人

b20111218 00726
ロバさん、このロバは子供一人3フラン(約255円)で辺りを一周してくれるの
ロバに乗らなくても触らせてくれるので撫ぜてきたけれど、毛が濡れてたわ

b20111218 00727
ロバさん、濡れていて雪が降っていてもロバに乗ってる子供を後から見たの
ロバやポニーに乗るのはスイスで子供たちに大人気です。

b20111218 00731
飾り物のお店

b20111218 00733
お店の前のイルミネーション
この辺りは観光客も多くカフェやレストランが並んでいてそういうお店のイルミネーションも綺麗だったわ

b20111218 00734
これ仏教で使う鈴(りん)みたいだけれど、シンギングボウルだと思うわ
日本ではチベット浄化音ボウルとも呼ばれているようでチベットの儀式で使われるようです。

これってこちらでは単なるディスプレィとして置かれたり楽器の変わりに使うほかにレイキとかスペースクリアリングにも
使ったりするようです。


各1日1回クリックで応援宜しくお願い致します! ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン
[ 2011/12/18 16:36 ] イベント クリスマス関連 | TB(0) | CM(0)

Der Wettlauf zum Suedpol

ドイツの放送局ZDFで放送していたドキュメンタリードラマ「Der Wettlauf zum Südpol」(南極へのレース)
ZDF(ドイツ)とORF(オーストリア)の共同で作られた人類初の南極点到達へ挑んだノルウェーのロアール・アムンセン隊と
イギリスのロバート・スコット隊の物語で、
二国の探検隊を比べながら再現ドラマと実際の写真やフィルム、CGを使った極寒での人間の体のメカニズムなど
かなり見ごたえのあるドラマで興味深かったです。

でもドイツ語なので、詳細はよくわからず利休に聞きながら見ていたのだけれど、なんだか利休の見る観点私とかなり違っててびっくりしたわ。

最初にペンギンの群れが出たときに、利休が「コウテイペンギン?」って聞くから「オウサマペンギン!」って答えたら
「なんで?なんで?」って私のことを信用してないので、「大人だとコウテイペンギンもキングペンギンも大きさが違うだけで
凄く似てるのでパッと見たら見分けがつかないけれど、子供が写ったから!キングペンギンの子供は茶色なのよ」って教えてあげたのよ
(でもキングペンギンは南極大陸では繁殖してないのよねぇ・・・)

ノルウェーのアムセン隊は大掛かりな犬ぞりで、南極点到達をするのだけど、その再現フィルムで
隊員たちがテントで寝ていて、犬たちは屋外で紐に繋がれて寝ていて出発の時に、隊員が犬に積もった雪を払って
犬を起こすシーンがあったのだけど、そこで利休が怒り出して「酷い話だ!」って言うから何のことかと思ったら
「人はテントで毛布にくるまって寝てるのに、犬を雪の中に寝せるなんて!」って言ってるのよねぇ
実際のアムセン隊は150匹以上の犬を連れて行ってたようだけれど、テレビに映してたのは15匹前後だったので
「あの犬の数なら毛布3,4枚あれば全部の犬に毛布をかけれるんだから犬の分も毛布を持っていくべきだ!
犬は一生懸命人の為に働いてるし、あんな所に行ってソリひきたくないかもしれないのに!」って熱弁ふるっていて
あーこういう考え方もあるのねーと目からウロコでしたわ。

私の方が利休より「動物好き」だと思うのだけど、その発想は私にはまったくなかったのよねぇ。。。
まず犬は大人になると自分と他の犬との距離を保ちたがるので一緒にくっついて眠ることがまずないこと
(愛玩用の犬や子犬はくっついて眠るけれど)
だから毛布を持っていったら犬一匹につき毛布一枚が必要になると思うし、実際に毛布を持っていっても
あの極寒地なら逆に毛布は雪や氷で重くなってしまって、穴を掘って雪の中に直接寝た方が
立派な毛皮のあるエスキモー犬なら快適なんじゃないのかしらね???
(利休には言わなかったけど・・・)

こちらでは犬は屋外で飼うのが基本みたいな感じだけど、私が子供のころに飼っていたコリー犬は
大人になってからはいつも庭にいて、真冬も屋外だったのよ
犬小屋(犬が大きいので物置が犬小屋でした)もあったけれど、冬は雪の上で寝てることが多かったので
雪の上で犬が寝ていてもあまり不思議に思わなかったのよねぇ・・・
小型犬とか犬種によっては、寒くて無理だと思うけれど・・・。

ソリをひくのも本当に嫌なら犬は歩かなくなったり隙を見て脱走すると思うのよ
以前、日本に居たときに何度か「国際犬ぞりレース」を見に行ったけれど、どの犬もそりをひきたくて走りたくて待ちきれない!って
感じだったので、犬たちも信頼できる人と一緒ならそりを引くことが嬉しかったような気がするのだけど・・・
もちろん北海道の寒さと南極の寒さでは全然違うし、走行距離も桁違いなので過酷だったとは思うけど。

約110年前の話なので、現在とは防寒具とかテントや寝袋、携帯食料などもまったく違うので
南極での生活は凄く大変そうだったけれど、アムセン隊はあざらしの毛皮で作った帽子や防寒具を身につけていて
やっぱり動物の体というのは住む場所に適応するようにできていて素晴らしいというのも実感!
スコット隊の方は牛革を重ねて作った衣服で、南極点到達後に全員が凍死しちゃうのよ

各1日1回クリックで応援宜しくお願い致します! ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン
[ 2011/12/14 21:05 ] TV・映画 | TB(0) | CM(0)

イルミネーション(動画付)

2011年12月11日(日)曇り、雨 6~4℃ 

クリスマスマーケットの帰りに見た村のイルミネーション

b20111211 00284
おもちゃ屋さんの壁にかけてあった巨大なリース

b20111211 00288
道路沿いのイルミネーション
ツリーは本物のもみの木にライトをつけてるのよ

b20111211 00306
泥棒サンタ
スイスやドイツの窓辺によく出現してます。

b20111211 00307
近所のお家のお庭のトナカイのイルミネーション これ動くのよ!

トナカイのイルミネーションの動画↓



各1日1回クリックで応援宜しくお願い致します! ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン
[ 2011/12/11 17:12 ] イベント クリスマス関連 | TB(0) | CM(0)