FC2ブログ

花鳥獣風月(スイス生活)

スイスの野鳥、動物、花や景色、イベントなど  (Blog内の画像や文の無断使用禁止 引用、まとめサイトでの使用も禁止)
 

アジアゾウ3世代 飼育員の説明(独語・動画付)

Posted by 蛟(みずち) on   0 

2017年2月26日(日) 晴れ -3~12℃ 16052歩

Zürich Zoo(チューリッヒ動物園)Kaeng Krachan Elefantenpark(ケーン・クラチャン・ゾウパーク)の屋内

飼育員さんによるアジアゾウの説明の時間です。ゾウの紹介や行動について話しますが、この日は生まれたばかりの
Farhaの赤ちゃんについても説明

b2017 0226 00669
ゾウパーク屋内の様子

ゾウの説明の時間(独語)アジアゾウ3世代の動画↓



666日の妊娠期間後にママになったFarha(2005年生まれ 3280Kg)はまだ11歳と若く初産なので、赤ちゃんにどう接してよいのか戸惑ってる感じ
赤ちゃんが近づくと脚をあげたり軽く蹴ったり、鼻で押したり・・・軽くなので赤ちゃんは大丈夫ですがちょっと心配

b2017 0226 00467
赤ちゃんは2017年2月25日7:34に誕生 (この当時は性別・不明 後に女の子とわかって投票でRuwaniちゃんと命名)

b2017 0226 00472
間接飼育のため産まれた赤ちゃんの性別や正確な体重は不明(およそ120Kgとのこと)

b2017 0226 00422
プールのお水を飲むおばあちゃんになったCeyla-Himali(1975年生まれ 3480Kg)

ゾウの説明の時間(独語)アジアゾウ母子、水を飲む祖母の動画↓



b2017 0226 00476
赤ちゃんはずっとお腹の中にいたのでお耳が頭にぴったりくっついてるの

b2017 0226 00479
脚長いわよねー パパのThaiが凄い脚長さんなのでパパ似なのかも?

b2017 0226 01448
パパのThai ドイツのTierpark Hagenbeck(ハーゲンベック動物園)で2004年11月26日誕生 3675Kg
チューリッヒではゾウは3つのグループに別けていてThaiはいつもはオスMaxiと一緒ですがこの日は屋外メインで
Indiと娘たち(ChandraとOmyshaちゃん)と一緒でした。(後で記事書きます)
娘が生まれたことにはきっと音で気づいているハズ 娘と対面させるのかは不明
動物園によって子象がいるときにオスも一緒にすることはありますが、チューリッヒではOmyshaちゃんとパパMaxiが一緒なのは
私は見たことがありません。
Maxiは以前自分の息子Fahim(2005年生まれ ベルギーに移動)を鼻で掴んで投げ飛ばしたことがあるので
慎重にしてるのかも?

ゾウの説明の時間(独語)祖母のおっぱいを吸う赤ちゃんゾウの動画↓



ママが動いたりしてミルクをくれないからおばあちゃんの方に行ってるのかしらねー?
でもFarhaは赤ちゃんがCeyla-Himaliのミルクを飲もうとしてるのを気にして見ているので学習してるのかも?

b2017 0226 00480
赤ちゃんゾウ

b2017 0226 00483
普通、赤ちゃんゾウはママにべったりなのに、この子は生まれた翌日なのにひとりでとことこ歩いちゃう!

ゾウの説明の時間(独語)赤ちゃんを軽く蹴る母ゾウの動画↓



b2017 0226 00497
脚長赤ちゃん♪ 元気に育ってね!

【新品】【本】大切ないのち、生まれたよ! どうぶつの赤ちゃんフォトストーリー 1 アフリカの草原に生きる アフリカゾウ・ライオン・キリン 今泉忠明/監修

価格:1,944円
(2018/3/30 19:24時点)
感想(0件)




野生どうぶつを救え! 本当にあった涙の物語 ひとりぼっちの子ゾウ [ ルイーザ・リーマン ]

価格:1,058円
(2018/3/30 19:27時点)
感想(0件)




ブログ内の全ての画像、動画や文章などは無断転記無断掲載、使用は禁止です!
引用も許可していません 詳しくはこちらを見て下さい 動画・画像について
画像は有料でご使用頂けますので使いたい画像のある方は必ずお問い合わせ下さい
有料なので「出典」と載せていても勝手に使用すると使用料を請求させていただきます。
リンクご希望の方も必ずご連絡下さい!

ブログランキングに参加しています。記事を気に入って頂けたらクリックで応援宜しくお願い致します♪

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン

ブロトピ:動物園・水族館・保護センターに行ってきました
関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。