ボルネオゾウのふくちゃん クラウドファンディング 第2目標へ!引き続き支援お願いします。追記10/5

2018年11月30日(金)午後11:00まで ボルネオゾウふくちゃんのクラウドファンディング

昨日お知らせいたしました福山市立動物園のボルネオゾウのふくちゃんを助けるためのクラウドファンディングがなんとたったの1日で
第1目標の150万を突破いたしました!!!
支援して下さった方、拡散して下さった方、本当にどうもありがとうございます!

先日からお伝えしてきました福山市立動物園のボルネオゾウ ふくちゃんのクラウドファンディングですが
全国の方の多くの支援でクラウドファンディング開始たったの5日で達成することができました!!!
本当にどうもありがとうございます。

これでふくちゃんの冬の暖房費、結核の検査キット、世界にただひとつのおもちゃ(エンリッチメントアイテム)を購入できることが
決定しました!

このクラウドファンディングは2018年11月30日まで続きます。
目標金額以上に集まったお金はエンリッチメント環境を拡げるために使用するそうです。

ふくちゃんの体には結核菌が残っていますので、今後も再発防止に努めアメリカから結核の検査キットを輸入して
毎月検査をしなくてはなりません。
そして体調を崩さないように冬は暖房を使いその暖房費も一冬だけで約60万円かかります。

目標金額には達成しましたが、これからもふくちゃんへのご支援と拡散をどうぞ宜しくお願い致します!



↓クラウドファンディングのページ(別窓で開きます)
福山市立動物園の結核にかかったゾウ「ふくちゃん」を救いたい!

クラウドファンディングのページに支援して下さった方からの「応援メッセージ」が載っているのですが
それを読むと沢山の方のふくちゃんのことを応援する熱い想いが伝わってきて感涙です!
特に「今後長期に渡ってサポートしたい」「ふくちゃんに会いに行きます」というメッセージもあって
今回のことだけのことではなく、ふくちゃんをはじめ動物園にとっても今後長期に渡って応援してもらえる良いきっかけになったと思います。

第1ゴールは達成することができましたが、次の目標は200万円!
ふくちゃんに特別な世界でひとつだけのおもちゃのプレゼントです。
おもちゃと言っても、これはエンリッチメント(動物の福祉と健康を改善するために、飼育環境に対して行われる工夫)
と言って動物園で暮らす動物にはとても大切なことなのです。

b2018 0922 01009
これはチューリッヒ動物園のゾウパーク、屋外サブエリアの様子(2018年9月22日撮影)
オスゾウ Maxi(1969-1970年生まれ 王子動物園のマックのパパ)
エンリッチメントの工夫がされています。
左の赤丸は穴の空いた缶が吊るされてて振ると餌が出てきます。
Maxiがいる足元に小枝が沢山積んであるのも、小枝の下に餌を隠してあるので小枝をよけて餌を探したり
枝も食べたり遊んだり背中を掻いたり!と色々なことに使います。




動物園のように限られた敷地の中で暮らす動物は退屈してしまいます。
特にゾウのように大きくて賢い動物にとってはその退屈はストレスにも繋がります。
野生の象は群れで暮らし餌を探すために毎日長時間歩きますが、ふくちゃんは1頭で暮らしています。
運動不足や退屈することは心身ともに良くありません。ストレスが増えると病気にもかかりやすくなります。
実際にストレスにより発生する病気もあるぐらいなので、園内の動物をいかに退屈せずに運動量を増やすかは
動物園にとっての大きな課題ですが、敷地を広くするには莫大な費用も敷地も必要になりなかなかできません
そこで「おもちゃ」を与え運動量を増やし退屈せずに過ごせるようにするのが
今回のふくちゃんへのプレゼントのおもちゃの目的「エンリッチメント」です。

b2018 0922 00897
こちらもエンリッチメント 2018年9月22日撮影 子象に大人気で画像のOmyshaちゃん(2014年6月17日生まれ)や
Ruwaniちゃん(2017年2月25日生まれ)がよく長時間やっています。



網の間から鼻先を入れてボールを掴み動かして振って出てくる餌を食べるOmyshaちゃん
楽しそうに長時間たっています。


第2ゴールの「おもちゃ」のプレゼントというのは単なる遊びもの以上に、今後もふくちゃんが
結核を再発せずに健康で暮らすための大切な道具です!
ぜひぜひ第2ゴール目指してさらなるご協力をお願いします。

既に支援して下さった方も今はちょっと寄付することができないという方も
このクラウドファンディングを拡散するだけでも大きな力になります!
応援メッセージにもTwitterや新聞他で初めてふくちゃんのことを知ったという方からの支援が多くありました!
ぜひぜひこのプロジェクトを広めて下さい!

そしてちょっと残念に思うのが、個人の方からは沢山の支援があり既に240人以上の方が支援して下さっていますが
企業や会社などの大口の支援がないような気がしています。
海外の動物園では地元の企業や会社が大手スポンサーとして動物園や飼育動物をサポートしていることがとても多いです。

ブロンズサポーター以上になると福島市立動物園のHPに支援者として1年間お名前が掲載されます。
ゴールドサポーターだと特別支援者としてお名前を園HP及び園内2箇所に掲載 ・誕生日会に協賛者として発表してくれます。
これは企業にとっても良い宣伝&イメージアップに繋がると思います!


日本でたった1頭のボルネオゾウ!結核の治療からの回復というのも日本初です!
日本全国から応援してる人が沢山いて注目も集まってきています。
長期に渡り大変な治療をして危機を乗り越えてきたふくちゃんをぜひ地元の方々からももっと応援して頂けたらと思います。

ぜひぜひ地元、広島や福島市の会社や企業の方からも支援をお願いしたいと思います!!!


ふくちゃんとスタッフの皆さんの頑張りや困難な治療への取り組みもこちらに書かれています。↓
↓クラウドファンディングのページ(別窓で開きます)
福山市立動物園の結核にかかったゾウ「ふくちゃん」を救いたい!

b2018 0922 00201
チューリッヒ動物園 2018年9月22日撮影
左からおばあちゃんのCeyla-Himali(1975年生まれ)Ruwaniちゃん(2017年2月25日生まれ)、ママFarha(2005年生まれ)
ゾウは本来群れで暮らしコミュニケーションをとって暮らします。


1頭で暮らすふくちゃんには人間のお友達(獣医さんや飼育員さん)しかいません
ふくちゃんがひとりで退屈せずに遊べるようにぜひおもちゃのプレゼントができますように!


ふくちゃんの募金も引き続きおこなっているようなので、余裕がある方はこちらもよろしくお願いします。

ふくちゃん募金

日本にたった1頭!世界でも珍しい、とっても貴重なふくちゃんの為に寄付をお願い致します。
この寄付金はふくちゃんの治療費としてのみ使われるお金です!
どうぞ宜しくお願い致します。

ブログ内のリンクはすべて新しいウィンドウで立ち上がりますので、ぜひクリックしてリンク先を御覧ください

ボルネオゾウのふくちゃん ~ふくちゃんへの恩返し~ のブログ ふくちゃんの様子が画像付きで更新されています。

ふくちゃんには残念ながらお会いしたことがまだありませんので、画像は全てチューリッヒ動物園のアジアゾウです。

ブログランキングに参加しています。記事を気に入って頂けたらクリックで応援宜しくお願い致します♪

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン

ブロトピ:動物園・水族館・保護センターに行ってきました
関連記事




[ 2018/10/05 20:08 ] スイスの動物園・動物公園 | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










google-site-verification: googled8dfcbe584c5b7ce.html