アオサギやシュバシコウの巣(動画付)

2018年1月31日(水) 曇り一時雨 9~2℃ 15634歩

Zoo Zürich(チューリッヒ動物園)の水鳥放し飼いエリア 
Selenga Feuchtgebiet für Wasservögel(水鳥のためのセレンガ川湿地地帯)にあるシュバシコウの巣

b20180131 00027
まだ巣の作りはじめで台の上に巣材があまりないの

b20180131 00042
枝を集めてコツコツ積み上げていくの

b20180131 00043
こちらは池のすぐ横の巣
珍しく低い位置にある巣なのよ ここの巣材は撤去しなかったようで大きい巣が残ってたわ

b20180131 00045
巣の近くにいたシュバシコウ

b20180131 00019
木にとまるシュバシコウ

b20180131 00018
こちらは園内の別の場所の巣
シュバシコウの巣は小枝を積み上げてかなり高くなるの そのままにしておくと数年使い続けるのだけれど
動物園では安全上の理由などから数年に一度、巣材の小枝を撤去するみたい

b20180131 00047
シュバシコウの巣にいたアオサギ

b20180131 00048
枝でよく見えないけれどアオサギが巣にいるの
アオサギの巣はシュバシコウと比べてかなり小さいのよ

b20180131 00049
こちらもアオサギの巣
園内にいくつかの巣があるのよ

b20180131 00050
アオサギの巣に何故かシュバシコウのペア
シュバシコウには小さすぎてここで子育ては無理よ

b20180131 00051
右にはアオサギ 左にはシュバシコウ

シュバシコウの動画↓



b20180131 00052
木にとまるシュバシコウ

b20180131 00053
巣にいるアオサギ

b20180131 00054
台座の上に巣を作っているシュバシコウ

b20180131 00055
巣の上で羽づくろいするアオサギ

b20180131 00057
クラッタリング(くちばしで音をたてる)シュバシコウのペア

b20180131 00058
シュバシコウのペア

b20180131 00068
この巣はかなり厚く巣材が積んであるので巣材の撤去されなかった巣だと思う

b20180131 00064
チューリッヒ動物園では数が減ったシュバシコウが繁殖できるように、こういう台を園内にいくつも用意しているの
野鳥なので巣を作ったり子育ては各自で行っていますが、生まれた幼鳥が巣立つ前に脚環をつけて調査をしてるのよ

野鳥の呼び名事典 由来がわかる [ 大橋弘一 ]

価格:1,620円
(2018/10/14 00:42時点)
感想(0件)




ぱっと見わけ観察を楽しむ野鳥図鑑 [ 石田光史 ]

価格:1,620円
(2018/10/14 00:42時点)
感想(5件)




ブログランキングに参加しています。記事を気に入って頂けたらクリックで応援宜しくお願い致します♪

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン

ブロトピ:動物園・水族館・保護センターに行ってきました
関連記事




[ 2018/10/14 00:43 ] スイスの動物園・動物公園 Zoo Zuerich | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










google-site-verification: googled8dfcbe584c5b7ce.html