FC2ブログ

花鳥獣風月(スイス生活)

スイスの野鳥、動物、花や景色、イベントなど  (Blog内の画像や文の無断使用禁止 引用、まとめサイトでの使用も禁止)
 

ヨーロッパオオカミと昔いたハドソン湾オオカミ

Posted by 蛟(みずち) on   0 

2018年2月16日(金) 曇り、雪 7~3℃ 20152歩

Zoo Wuppertal(ヴッパータール動物園)のオオカミですが、ここ数年の間に色々変わっていました。

b2018 0216 01015
オオカミの放飼場にオオカミがいない・・・
ここでは以前ハドソン湾オオカミ(カナダオオカミ)という白いオオカミを群れで飼育していて大好きだったのに。。。

b2018 0216 01018
望遠で見たら小屋の所にオオカミらしき生き物を発見

b2018 0216 01019
理由は書いていなかったけれどオオカミは屋外の獣舎の所でしか見れないとの案内板。。。。
後でわかったのですが、実はこの後ここにいたオオカミは移動になったようです。

b2018 0216 00993
網が何重にもなってるし遠いし暗いしでなかなか見えない。。。涙

b2018 0216 00997
オオカミが見えたー!白い子じゃない。。。と思ったら実はこの子、スイスのTierparks Daehlhoelzli(動物公園 デールヘルツリ)から来てたのよ

b2018 0216 00998
ヨーロッパオオカミ

b2018 0216 01004
ここのヨーロッパオオカミは2匹ともベルンから2016年に来た子たちで最後の生き残りのハドソン湾オオカミと一緒に飼育してたらしいのよね
と言うことでハドソン湾オオカミがいなくなるので、代わりにヨーロッパオオカミかと思いきや
この後、このオオカミの放飼場ではドールを飼うことになり、ヨーロッパオオカミはどこかに移動になったようです・・・涙
ドールも好きだし滅多に見られないのでタイミング悪すぎでした。
(2018年5月以降 ドール6匹を飼育)

b2018 0216 01012
多分、この頃は移動前でここにいたのだと思うわ
ドール入る前にリニューアルしたようだし・・・

b2018 0216 01013
このヨーロッパオオカミもスイス→ドイツ→ヨーロッパのどこかに移動で大変ね

b2018 0216 01017
このヨーロッパオオカミ可愛いお顔してる

以下は昔居たハドソン湾オオカミ 2005年撮影

bb2005.07.24 303
英名:Hudson Bay wolf(Arctic wolf)
独名:Hudson-Bay-Wolf
学名:Canis lupus hudsonicus

現在は欧州及びEAZA加盟園で飼育している場所はありません

bb2005.07.24 306
ここのハドソン湾オオカミ 昔は群れでよく木の上に登って遠吠えしていたのよね
当時はこの群れのボスは高齢の飼育員さんだったようで、オオカミが喧嘩してたら飼育員さん(白髪のおじいさん)が
割って入って素手でオオカミを叩いて喧嘩を収めていてこのおじいさん凄い!只者じゃない!と驚いたことを今でも覚えているわ
餌も普通に放飼場に入ってオオカミに与えていたのよ

欧州の動物園ではわりと普通にオオカミの放飼場に入る飼育員さんが多いのよね
チューリッヒ動物園でも清掃や餌やりのときに、チュウゴクオオカミが放飼場にいるのに普通に入ってるのよ
動物園によってオオカミのボス的な役割を飼育員さんがしてる場合と野生種を捕獲して飼ってる場所だと
逆にオオカミが警戒して人を避けて逃げたり隠れたりする2つのパターンを見ています。
チューリッヒは飼育員さんが放飼場に入るとチュウゴクオオカミは避けて逃げています。

ハドソン湾オオカミ 大きくて綺麗で大好きだったのにもう見られないのかと重うと凄く残念
欧州ではデュイスブルク動物園とここの2園のみの飼育だったので血統保持ができなかったのだと思うわ 

 

ブログランキングに参加しています。↓ 記事を気に入って頂けたらクリックで応援宜しくお願い致します♪
バナー作ってみました♪

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ 


ブロトピ:動物園・水族館・保護センターに行ってきました 

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。