FC2ブログ

花鳥獣風月(スイス生活)

スイスの野鳥、動物、花や景色、イベントなど  (Blog内の画像や文の無断使用禁止 引用、まとめサイトでの使用も禁止)
 

ケルン大聖堂(オルガン・賛美歌の動画付)

Posted by 蛟(みずち) on   0 

2018年2月17日(土) 曇り 4~0℃ 25030歩

Kölner Dom(ケルン大聖堂)の内部の様子
1996年にユネスコの世界遺産に登録された現在の大聖堂は3代目で、2代目が焼失した後の1248年に建設が始まり
資金難で建設が中断し完成したのは1884年

b2018 0217 00094
朝早かったので観光客は少なく空いていたの 入ってすぐの広い身廊
ケルンに住んでいた頃はよく来ていたので凄く懐かしくって久々に来られて感動!
実際に行くと物凄く大きくて画像よりももっと綺麗です!

b2018 0217 00093
募金箱

b2018 0217 00106
内部はかなり暗いです。フラッシュ無しで撮影してるので結構ブレブレ・・・

b2018 0217 00107
装飾物も色々あるのよ

b2018 0217 00109

b2018 0217 00114

b2018 0217 00115
ステンドグラスは後で改めて記事をUPします。

b2018 0217 00116
とにかく広くて中はなんだか空気が違うような雰囲気なのよね

b2018 0217 00117
パイプオルガン

b2018 0217 00118
観光で来る人にはあまり知られていないようですが、ケルン大聖堂は毎年夏に国内外のオルガニストを呼んで
オルガンコンサートを毎週火曜の夜に行ってるの
期間は6~9月 火曜夜 8時から約1時間 イベントのあるときはお休みの週もあります。
このオルガンコンサート、物凄く良いので凄いお勧めです!!!感激して泣いてCD買ったぐらい大好きだったのよ。

以前と変わりなければ宗教的な説教とかはなく単純なオルガンコンサートで無料です(出来れば寄付はして下さい)
とても混むので早く行かないと座れません。以前は折りたたみの椅子とか持ち込みOKだったけれど
今は折りたたみの椅子、大きいリュック、スーツケースなどは治安上の理由で持ち込み禁止になっています。
大聖堂内部は夏でもひんやりするので、上着やひざ掛け、座る場所がなく直接石段の上に座ったりすることになりそうなら
敷物などがあった方が便利ですよ
帰りは9時過ぎと遅くなりますので行かれる場合はくれぐれも注意して下さい!

夏のコンサート以外にもコンサートが開かれることがあるので気になる方はサイトのチェックをして下さい
koelner-Dommusi(独語)

ケルン大聖堂オルガンと賛美歌の動画↓



この朝のミサの時間は邪魔にならない場所で静かに見学はOKの時間帯だったので、離れた最後尾から撮影しました。
時間があればミサに出たかったのだけど時間がなかったので・・・。

b2018 0217 00120
大聖堂 以前は基本的にいつでも入れたので中央駅の前だからよく行ってたのだけれど
今はミサの時間は入れないとか部分的に入れるなどの規制がされているので、見たい方はサイトで時間のチェックをしてから行った方が良いです。

b2018 0217 00124
このDreikönigenschrein(三賢者の聖棺)がケルン大聖堂を有名にした聖遺物(三賢者の頭蓋骨)の入ってる物
13世紀に作られた中世のヨーロッパでは最大の金細工で長さ220cm、幅110cm、高さ153cm 千以上の宝石や真珠、などで装飾されているの
この聖遺物を収めるために立派な棺が必要で、その聖遺物目当てに巡礼者が増え、大聖堂の再建築も行われたのよ

b2018 0217 00125

b2018 0217 00127

b2018 0217 00131
ここにもパイプオルガン

b2018 0217 00132
大聖堂内には何ヶ所も祭壇があるのよ
お金を入れる箱とキャンドルが置いてあるので、お金を入れれば誰でもキャンドルを灯すことができます。

b2018 0217 00133
貴金属で飾られたマリア像
たしか何かの祈願とかお祈りのときに貴金属を贈呈する習わしがあるとかで寄付された貴金属で囲まれてるマリア像だったと思う

b2018 0217 00136
マリア像の祭壇

b2018 0217 00134
沢山のステンドグラス

b2018 0217 00165
こちらも祭壇

b2018 0217 00170
祭壇

他にも有名な祭壇とか像とかもあるのだけど、途中でミサが始まっちゃったので撮影は控えてそそくさと退場したので
撮影できなかった場所もあるのよ

b2018 0217 00169
ハガキ、書籍、CD他 色々売ってるのよ

大聖堂内は無料で見学できますが、宝庫と塔は有料です。
このケルンの塔 533段の階段を上るの!ケルンにいた頃に2回登ったことがあるのだけど
2回とも途中で具合悪くなって利休におぶってもらった・・・汗(以前は今よりずっと体が弱くて痩せていた)
ケルンを一望できる塔だけれど、階段は狭く古い石の階段で凹んでたり登りにくいので体力のある方は頑張って見て下さい!

b2018 0217 00168
ケルン大聖堂は宗教的なイベントのときやミサの時間などで内部を見学できないときもありますので
事前にサイトでチェックして行くのをお勧めします!

Kölner Dom(英・独・仏・西・波語)

 

ブログランキングに参加しています。↓ 記事を気に入って頂けたらクリックで応援宜しくお願い致します♪
バナー作ってみました♪

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ 

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。