FC2ブログ

花鳥獣風月(スイス生活)

スイスの野鳥、動物、花や景色、イベントなど  (Blog内の画像や文の無断使用禁止 引用、まとめサイトでの使用も禁止)
 

アジアゾウとブラックバック(動画付)

Posted by 蛟(みずち) on   0 

2019年1月23日(水) 曇り一時雨 -1~-5℃ 11079歩(チューリッヒ動物園内のみ 約5.8Km)

Zoo Zürich(チューリッヒ動物園)のKaeng Krachan Elefantenpark(ケーン・クラチャン・ゾウパーク)の屋外の様子

b2019 0123 00219
屋外メイン 餌のサツマイモなどは見えるけれどゾウの姿はナシ。。。
チューリッヒ動物園のゾウパークは広いわりにゾウの頭数が少なく(8頭)3つのグループに別けていて
お客さんからは見えない場所もあるのでタイミングによってはゾウが見られないこともあるのよねー

b2019 0123 00216
アジアゾウがいなかったのでブラックバックが屋外のメインに来てたわよ

b2019 0123 00217
体色がまだ茶色の若いオス
ブラックバックはアジアの草食動物、鳥と混合飼育ですが、オスはゾウパークにもいるの

b2019 0123 00218
成熟したオスと比べると角がだいぶ短いわね

b2019 0123 00225
屋外のサブエリア(オスゾウエリアの名前になっていますが、メスが出ていることも多い)の奥にはオスゾウのThaiが!
これは屋外のサブの奥でゾウ舎の横 かなり遠いし植物もあるし隙間からちらっと見えるぐらいなの
画像は撮れなかったけれどもう1頭のオスゾウ Maxi(1969-1970年産まれ 5180Kg)も一緒にいたのよ
チューリッヒ動物園では普段はゾウを3つのグループに別けて飼育していてオスは2頭一緒ですが
時々メスグループにオスが一緒に短時間はいるの

b2019 0123 00226
ブラックバックのオスと若いオス

b2019 0123 00227
可愛いブラックバックの若いオス

b2019 0123 00229
屋外サブエリア 網目に鼻を入れてボールを振って餌を出して食べるThai(2004年産まれ 4305Kg Ruwaniちゃんのパパ)

b2019 0123 00230
Thaiは2014年8月にチューリッヒに来たときは牙がもっと短く特に向かって左の牙が折れた状態でかなり短かったのが
だいぶ伸びてきてるわよね

b2019 0123 00231
Thaiはまだ若いので体もどんどん大きくなってきていて2014年11月のときは2910Kgだったのが2018年1月は4305Kg!
約4年で1395Kgも増えてるの!
欧州のゾウだと最大級と言われるアジアゾウのオスがだいたい6トンぐらいになるようです。
Maxiも以前は6トンあったけれど、広いゾウパークに移って運動量が増えたら体重が減ったのよね

b2019 0123 00232
Thaiは今年の11月で15歳 まだ若いゾウなのでもっと大きくなるわよ!
Maxiより大きくなるかも?

b2019 0123 00234
左にはブラックバックのオス 右にはThai
Thaiが餌を食べて落としたのをブラックバックが食べているの

オスゾウとブラックバックの動画↓



b2019 0123 00235
ブラックバックは最初の頃はゾウを警戒して全然出てきてなかったのが最近はよく出てきていて
オスのゾウは追いかけたりしないのを学習したようでわりと近くまで来ているのよ
子象はブラックバックを追いかけたりするし、興奮した子象を守ろうとメスゾウもブラックバックを追いかけたり
鼻で追い払おうとするので、メスゾウチームにはブラックバックはあまり近づかないようにしてるみたい

ブラックバックを追いかけるアジアゾウ母娘の動画↓ 2016年4月5日撮影



b2019 0123 00236
ブラックバックとオスゾウ Thai

b2019 0123 00238
ブラックバックのオス



ブログランキングに参加しています。↓ 記事を気に入って頂けたらクリックで応援宜しくお願い致します♪
バナー作ってみました♪
 
にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ 


ブロトピ:動物園・水族館・保護センターに行ってきました 

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。