FC2ブログ

花鳥獣風月(スイス生活)

スイスの野鳥、動物、花や景色、イベントなど  (Blog内の画像や文の無断使用禁止 引用、まとめサイトでの使用も禁止)
 

唖然! なかったことにされたコレがプロの園館活性コンサルタント?

Posted by 蛟(みずち) on   0 

久しぶりのブログの更新がこんな記事で申し訳ないのですが、卑怯で悪意を感じたので公表することに決めました。
興味の無い方はスルーして下さい。

ことの起こりはTwitterで回ってきたTWのリンクでチューリッヒ動物園のことが書いてある記事だったので読んでみると

「借金なしの黒字経営&スイスで一番入園者数が多い文化施設」となっているんだと思います★(2016年時点の話。ちなみにその時に聞いた入園者数は180万人でした。その後少し減ったようですが、確かにちょっと迷走した部分も感じ、こんなに本気の園でもいろいろ難しいところがあるのだなぁと^^;)」との文章が

この記事は既に削除されていますが、書いている内容にとても違和感を感じて間違ったことを書いていると思い調べてみました。
私が読んですぐおかしいと思った部分は
スイスで一番入園者数が多い文化施設
2016年時点の話。ちなみにその時に聞いた入園者数は180万人でした。
その後少し減ったようですが、確かにちょっと迷走した部分も感じ


以前私が読んだ記事には数年間ずっと入園者数はバーゼル動物園の方が多かったのでまずここが気になり
入園者数180万人もここ数年ではありえない数字(毎年、動物園や新聞で入園者数の発表があるのでうろ覚えだけれど覚えていた)
そして最も気になったのが入園者数が減った迷走の文字

オーストラリア館のオープンなどで入園者数は確実に増えているし迷走って何のこと???
近くにいると気づかなくても遠くから見るとわかることもあるのかもしれないし、迷走ってチューリッヒ動物園何かやった?と不安になりました。

実際に調べてみると2016年のチューリッヒ動物園の入園者数は約118万人なので180万人って言うのは聞き間違いなのかと。
ちなみにこの年のバーゼル動物園の入園者数は約96万人なので、チューリッヒ動物園が抜いたということでした。
チューリッヒ動物園の入園者数は2017年 約121万人、2018年 約132万人と着実に入園者は増えています。

入園者数なんてそれ程気にする人はいないとは思いますが、入園者が減っているや迷走発言はいかがなものかと思い
しかもこの方は園館活性コンサルタント!
「動物と人が一緒に幸せになる楽しさ」とその方法を、動物の現場(園館等動物施設)や
メディア・一般向けに紹介することを、プロとして行っています。

とのことでしたので、発信力も影響力もある方でしょうしプロとして間違った情報を出すのはどうかと思い
ブログにコメントができなかったので、Twitterの方に入園者数のソースも貼ってTweetしました。

1.jpg
m2.jpg
3.jpg
4.jpg

こちらがアカウント削除前に頂いた返信

atumaki 20190709

私に返信した直後にアカウントを削除。。。。
正直、唖然として驚きました。最初は何が起きたのか理解できず。。。
ブロックされたかその投稿を削除したのかと思って友人に確認してもらったところ
アカウント自体を削除してしまったようです。
私のフォロワーさんとかぶってる方もいて、動物園関係の方も多いと思いとても申し訳ない気持ちになったのですが
フォロワーさんが708人もいるのに、突然アカウント削除ってフォローして下さってた方にもとても失礼じゃないでしょうか?

私に返信下さったTweetには「訂正しておきます」とのことでしたが、ブログの記事からは問題の箇所はまるごと削除
今日になって見てみるとその記事自体を削除されていました。(でもキャッシュはまだ残っていますよ!!!)

これはTwitterのアカウントを消し、ブログの記事を削除してなかったことにしようとしたのだと確信しました。
ちょっと間違いを指摘されただけでこれがプロの仕事でしょうか?
ブログの記を書かれるときにきちんと調べて書いていないというのもプロとしてどうなのでしょう?
講演会やラジオ出演などもされていらっしゃる方のようですが、私は聞いたことはないのですが、こんな感じでは信用できません
動物園の良いところを広めるとか提案するお仕事は素晴らしいとは思いますが誠実さに欠けると思います。

海外の動物園については日本ではわからない方も多いと思うので、ブログを読んだ方は信じてしまうと思います。
正確な情報を書き間違ってたら訂正するのがプロだと思います。
チューリッヒ動物園のことを凄く褒めて書いて下さってるわりには間違った情報で入園者数減、迷走とは
チューリッヒ動物園に対してもとても失礼です。

またこの際なので以前から思っていたことをここで書かせて頂きます。
以前、日本からスイスの動物園にいらっしゃる方がこのブログを参考にしましたと教えて下さったときに読んだ
バーゼル動物園について書いているブログの記事が
チューリッヒ動物園の良さを引き立たせるために悪意を持って書いていると思われるような内容で信憑性と公平さに欠ける記事でした。
(友人にはバーゼル動物園の良さを熱弁しておきました)

「チューリヒ動物園がすごい」です♪動物宅の様子も来園者のマナーも、全然違いました。とのことですが
たった1日行ったのみでマナーの違いはわからないと思います。
またバーゼルは土地柄、フランス、ドイツからのお客さんも多いのでスイス人か外国人かは言葉の訛りなどを理解できないとわかりません
私はバーゼル動物園には年に数回、チューリッヒ動物園には月に数回行っているので、チューリッヒ動物園の方がよく知っていますが
驚くぐらいのマナーの悪い人はチューリッヒの地元の人です。もちろん一部の人ですしマナーの悪い人にあうのもタイミングですが
動物を見るための小屋や屋内施設に小さな子供を何人も並べてお昼寝させて占拠してるのに何度も遭遇しています。
(幼稚園やママグループが子供を5~10人床に並べて寝せているので動物を見ることができない)

類人猿館。私は、「並べて比べる」は旧式な発想で、動物福祉向上の障壁にもなると考えているので、建物は新しいのに旧式で驚いた。
類人猿館は新しくしたと言っても改装と屋外の拡張で、旧式と書かれているのは以前の部分で
新しくして広くなった屋外施設については記事ではふれられていません
施設に関しても動物園のHPに載っています。調べていないのでしょうか?

サイとカワウソについても動物園に問い合わせをしても返事がなかったとのお怒りのようですが
動物園のサイトにも案内板にも書いていることなのであえて返事をくれなかったのかもしれません
(インドサイとコツメカワウソ 動物の名前を正しく伝えるのもプロの仕事ではないでしょうか?)

プロのコンサルタントでしたらもっとしっかり施設を見て調べてから情報を発信して頂きたいです。

バーゼル動物園も動物宅入口とかに灰皿があるのが普通で、すごくいやだった。
これはチューリッヒ動物園も同じく灰皿がありますし欧州の動物園は50園程行っていますがどこの動物園もだいたい灰皿はあります。
最近になって喫煙所を設けて決まった場所でのみタバコを吸えるようにする園がでてきましたが(ケルン動物園、ブロツワフ動物園など)
バーゼルのみのような書き方は不公平に思いました。

そして問題と思ったのが「なんかね、あんまり参考になる選択肢がないんですよ、バーゼル動物園・・・。」この一言にびっくり!
園館等動物施設の魅力を引き出して活性化をサポート♪園館内外にてアドバイスのお仕事をされてるんですよね???
バーゼル動物園、ちゃんと見てこられなかったんですかー???と私は問いたいです!!!

バーゼル動物園の魅力が全く紹介されていなくて本当にガッカリです。
動物園に対しての印象や好き嫌いは個人によって違うとは思いますが行った日によっても違うとは思いますが、これは酷い!
実際にバーゼル動物園に行かれた方にはわかって頂けると思いますが、日本の動物園が参考にするのなら
都心に近く敷地が狭いながらも工夫しているバーゼル動物園の方が参考になることは多いと思います。
チューリッヒ動物園はたしかに素晴らしいけれど、土地とお金のある園じゃないと参考にできない施設が多いと思います。

バーゼル動物園にはチューリッヒ動物園とは違った魅力があります。
バーゼル動物園は緑が多く殆どの動物の屋外エリアに川や池の水場があり隠れられる場所や日陰もあります。
そして混合飼育が多いのも魅力で、狭い敷地を工夫して使っています。
フィーダーとかエンリッチメントもきちんとしているし、トレーニングもチューリッヒ動物園と同じトレーナーさん
(アメリカから共同で呼んでいる)に習って行っています。

長文で色々書いてしまいましたが、都合の悪いことを削除してなかったことにした時点でこの方の人間性を疑いますし
信用出来ないと思いました。
動物園の良いところを広げるお仕事は素晴らしいとは思いますが、昨日からのこの流れには納得できず卑怯に感じました。
炎上したわけでもないのに、行き成りアカウントも記事も削除って。。。。無責任過ぎます。

園館活性コンサルタントのプロとして活動していらっしゃるのなら、正確で公平な情報の発信をお願いします。
そしてなかったことにするという卑怯な手は使わないで下さい!

引用元は(青文字部分)のブログから
ZOO AQUA PRESS★ byつまき♪(園館活性コンサルタント)(一部既に削除済み)

スイス・イギリス旅行記(2012)8(5日目:バーゼル動物園)♪

ブログランキングに参加しています。↓ 記事を気に入って頂けたらクリックで応援宜しくお願い致します♪
バナー作ってみました♪
 
にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ 


ブロトピ:動物園・水族館・保護センターに行ってきました 

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。