FC2ブログ

花鳥獣風月(スイス生活)

スイスの野鳥、動物、花や景色、イベントなど  (Blog内の画像や文の無断使用禁止 引用、まとめサイトでの使用も禁止)
 

Where to watch birds in Switzerland

Posted by 蛟(みずち) on   0  0

2012年3月8日(木)曇り 8~1℃ 7280歩

先日、ドイツのAmazonで本を3冊オーダーしたの
そのうちの1冊が今日届いたのよ♪

b2012 0308 00039
Where to watch birds in Switzerland(スイスのどこで鳥を見るか)
利休に買ってもらったの♪

日本のAmazonでも購入できます。↓

Where to Watch Birds in SwitzerlandWhere to Watch Birds in Switzerland
(1999/10)
Marco Sacchi、Peter Ruegg 他

商品詳細を見る


b2012 0308 00040
中身はこんな感じ

英語で書いてあるスイスのフィールドガイドです。
176P、白黒で45ヶ所のバードウォッチングの場所が載ってるの
各場所ごとに、データー(場所、標高、鳥を見るのに良い時期、持って行くと良いもの など)と
お勧めルート、季節ごとに見られる鳥、行き方、ホテル情報、見るのに必要な時間などが書いてあるの

持って行くと良いものに「お弁当」があるのが可愛い♪
場所によっては国境沿いのこともあるので、持ち物が「パスポート」なんていうのもあるのよ
暖かい服、長靴、携帯用のイスなど地域によってのアドヴァイスも親切!

スイスでバードウォッチングしたいけれど、どこにいつ行けば良いか知りたい人にはお勧め
ただこの本だけだと載っている地図が簡単なものなので、事前に地図を確認した方がいいと思うわ
1999年発行の本で情報が古いので交通機関などもチェックした方が良いです。

いくつかバードウォッチングの場所の白黒写真が載っているのと、鳥のイラストが白黒で載ってるだけで
あとは全て文章のみなので、鳥の名前が英語でわからないと厳しいです。

私はおなじみの鳥しか英語の鳥名前がわからないので、事前に調べないとなんのことだかさっぱり・・・汗
野鳥の名前が正式名称ではなく「Snipe」とか「Teal」とかしか書いていない場合も多いので
その種類の鳥が数種見られるのかそれともよく見られる種を指してるのかわからないことも・・・

例「Snipe」はスイスで見られるのは、タシギ、ヨーロッパシギ、コシギの3種
 「Teal」はミカヅキシマアジ、コガモ、アメリカコガモ など

日本で買って持っていたフィールドガイドは、カラーで地図や鳥の写真なども載っていてわかりやすかったので
それと比べてしまうとイマイチですが、スイスで唯一出ている英語のフィールドガイドらしいです。

でもどこでどんな鳥が見られるとかお勧めの時期が書いてあるのはとっても便利!
この本をチェックして鳥見に行こうと思います♪
半日でOKの場所もいくつもあるので、旅行でスイスに来るけれどバードウォッチングも興味あるっていう方にも使える内容だと思うわ
鳥見のスポットもスイスほぼ全土にあります。
鳥の名前からどこの場所で見られるかの索引もあるので、この鳥が見たいけれどどこに行けばいいの?っていう場合にも便利
スイスの鳥のチェックリストもついていて英名、学名、独、仏、伊語で書いてあります。

各1日1回クリックで応援宜しくお願い致します! ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mizuchi02.blog129.fc2.com/tb.php/1643-8a0e4c87
該当の記事は見つかりませんでした。