FC2ブログ

花鳥獣風月(スイス生活)

スイスの野鳥、動物、花や景色、イベントなど  (Blog内の画像や文の無断使用禁止 引用、まとめサイトでの使用も禁止)
 

Tierpark St.Josef-Stiftung Tipajo

Posted by 蛟(みずち) on   4  0

2012年5月31日(木)曇り、雨 24~13℃ 26698歩 

今日は利休がお仕事で5時起きだったので、利休が外出後、私も朝からお出かけすることに。

b2012 0531 00009
電車に乗ってお出かけでーす。
先日も乗ったBDWM線です。

b2012 0531 00008
電車の中から撮影した牛さん

b2012 0531 00012
途中の駅には牛さんもいたわよ(電車の中から撮影)

b2012 0531 00016
最初の目的地はここ!Bremgarten AG(アールガウ州のブレムガルテン)にある
Tierpark St.Josef-Stiftung

Bremgarten Isenlauf駅から降りてすぐの場所なの

St.Josef-Stiftung(セント・ジョセフ財団)は、キリスト教(カトリック)の団体で、知的障害者の為の
教育、支援、ケアを行っていて、学校や職業訓練などもしていて、この周りにあるレストランや宿泊施設などが
この辺りにあるのだけれど、Tierpark(動物公園)もその中のひとつなのです。

b2012 0531 00019
右側はレストランで左側に子供の遊び場があるのよ
その奥がTierpark(動物公園)なの

Tierparkと言うのは直訳すると動物・公園の意味で、普通は小規模な動物園をさすドイツ語で
家畜系の動物や草食動物、小動物などを飼育していることが多いのですが、ドイツにあるTierpark Berlin Friedrichsfeldeのように、一般的な動物園より大きいような例外もあります。

スイスの首都ベルンにある動物園もTierpark Daehlhoelzliという名前
こちらも規模は一般的な動物園並の広さはあるけれど、象、キリンといった動物はいなく半分近くが無料で見られるのよ

知的障害者の為の学校は1974年頃から始まってたようですが、Tierparkが作られたのは1994年のようです。
Tierparkは「Tipajo」ティパジョという名前で、保護された動物などを飼っているようです。

b2012 0531 00055
歩道を挟んだ両側に広い芝生があって池や動物の小屋もあって小動物や家禽、家畜が飼われているの
歩道の上の三角の橋は山羊などが両側を行ったり来たりするのよ

b2012 0531 00067
こちらは動物の小屋 馬、ロバ、ポニー、ラマ、家禽 などの小屋になってるの

ちょうど私が行った時に乗馬をしてる子供もいたわよ
以前アールガウ州に住んでいたので、偶然電車で通った時に車内から見て、気になって行ってみて
それ以来何度も行ってるのよ
動物の数は少ないけれど、のんびり過ごせるし、動物次第ではふれあいもできます♪

入場料は無料、餌やりは禁止

各1日1回クリックで応援宜しくお願い致します! ↓

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン
 

関連記事

4 Comments

おおむらさき57 says...""
素敵な動物園ですね。
でも、日本では成り立たないでしょうね。
維持費や人件費などもかかると思うのに、こういうところにお金をかけられる国っていいですね。
知的障害者のための施設とのことですが、誰でも入って楽しむことが出来るのですね。
2012.08.29 23:33 | URL | #- [edit]
蛟(みずち) says...">おおむらさき57さん"
スイスでは知的障害者への教育が義務付けられているようなので、学校と同じように補助金が出ているのかもしれません
知的障害者の方が作った物を売ったりもしてるので、そういう収入やレストランなどの収入、あとは募金も募っています。

欧州は募金を募ることが多いのですが、キリスト教の影響だと思いますが、寄付をする人も多いです。
特にスイスでは色々な募金活動が活発で家にまで募金を募って来ることもあるんですよ
子供たちは何かを売って(お菓子や手作りの小物など)その収入を募金にすることも多く
スーパーの前とか道を歩いていても声をかけられることがよくあります。
小さい可愛い子に「募金」と言われるとなんとなく断れなくて、小さい飾りをもらっていくらか聞いたら
募金なのでいくらでもいいですって言われたりするのですが、こちらで生活をしていない私には
相場がわからなくて困りました。

人件費なども働いてる方ももちろん多くいますが、ボランティアで手伝ってる方も多いようです。

Tierheim(動物の家、捨てられたペットや野生動物などを保護したり新しい飼い主を探す施設)も
こちらには沢山ありますが、多くが寄付とボランティアでなりたっています。
日本でも多くの人が協力したらできると思うんですけどね・・・。
2012.08.30 04:14 | URL | #- [edit]
おおむらさき57 says...""
蛟さん、詳しく教えて頂きありがとうございました。
日本でもボランティア活動している人のすがたを、身近に見ることが多くなってきたように思いますが、身近に見えるものは、点であって面や立体にはなりきっていないように思いますね。
そういう私など、完全に気まぐれな思いつきの域を出ないことしかしていませんが。
2012.08.30 10:58 | URL | #- [edit]
蛟(みずち) says...">おおむらさき57さん"
おおむらさき57さんもボランティアをなさってるのですね?
思いつきでもなんでも出来るだけでも素晴らしいと思います!

こちらだと教会、ボーイスカウトなど小さい頃からボランティア活動をやっているので
そういうのが根付いているような気がします。

日本でも震災の時とかボランティアをする人も増えているようですね
特に大掛かりなことをしなくてもお年寄りに席を譲とかベニーカーや車椅子の方の乗り物の乗り降りを手伝うとか
そういう小さなことの単発でも十分ボランティアと言えると思うのですけれど
その積み重ねで色々できるようになるのではないでしょうかねー
2012.08.30 19:16 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mizuchi02.blog129.fc2.com/tb.php/2539-84a7581d
該当の記事は見つかりませんでした。