FC2ブログ

花鳥獣風月(スイス生活)

スイスの野鳥、動物、花や景色、イベントなど  (Blog内の画像や文の無断使用禁止 引用、まとめサイトでの使用も禁止)
 

ウソ

Posted by 蛟(みずち) on   0  0

2013年年2月24日(日)曇り、雪 -2℃~-6℃ 5506歩

今日はお友達宅に遊びに来たのだけど、お友達宅のリビングの前にバードフィーダーがあって
野鳥がとってもよく見えるの!
それに森に行っても数回しか見たことのないウソがペアで来てくれてとっても嬉しかったわー♪

b2013 0224 00035
ウソ オス
日本にいるウソに比べるとお腹まで真っ赤(オレンジ色)なので亜種のベンバラウソ?と思って
学名を確認しましたがウソでした。
ヨーロッパのウソはお腹まで真っ赤なのね
(シジュウカラもヨーロッパのは黄色いし、色の違いってあるようです)

ベニバラウソは「大雨覆の先端が白く、明瞭な白帯」とも書いてあってたしかに白いのですが
野鳥図鑑で見るとヨーロッパのウソに関しては亜種の明記がなく
学名の名前は日本のウソと同じくPyrrhula pyrrhula です。

Wikipediaによると
ウソ(P.p.griseiventris)
アカウソ(P.p.rosacea)
ベニバラウソ(P.p.cassinii)
と学名が違っています。

私の持っているヨーロッパの野鳥図鑑だとエナガ、シマエナガやゴジュウカラ、シロハラゴジュウカラも
学名や亜種名の違いは載っていなく単に北部の物は色が白いなどの説明と図があるだけなので亜種はわけずに載せているようです。

b2013 0224 00036
ウソ オス

久々なのでデーターを。

和名:ウソ
学名:Pyrrhula pyrrhula
独名:Gimpel
英名:Bullfinch、Eurasian bullfinch
体長:14~16cm
体重:21~27g

スイスには5万~8万ペアがいます(2004年調べ)繁殖もしているようです。
ウソの幼鳥見てみたいわー

b2013 0224 00040
ウソ オス
口笛のような特徴的な鳴き声も聞くことができました♪

b2013 0224 00067
こんなに近くでハッキリ見た&撮影できたのは初めてなのでとても嬉しい♪

b2013 0224 00097
バードフィーダーに入るウソのメス(左) 右はアオガラちゃん
このバードフィーダーに入るのにはテクニックがいるので、カラ類などの小さくてすばしっこい鳥は
初めてでもすんなり入れるけれど、ロビンちゃん(ヨーロッパコマドリ)は練習して入れるようになったようですし
ウソのオスも入るのには失敗して何度かトライしていたけれど、オスより小柄なメスはすぐに入りました。

b2013 0224 00109
バードフィーダーの屋根にとまるウソのオス
入れなくてしょんぼり?

b2013 0224 00230
ウソのメス

ブログランキングに参加しています。1日1回各クリックで応援して頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mizuchi02.blog129.fc2.com/tb.php/3800-befba52b
該当の記事は見つかりませんでした。