FC2ブログ

花鳥獣風月(スイス生活)

スイスの野鳥、動物、花や景色、イベントなど  (Blog内の画像や文の無断使用禁止 引用、まとめサイトでの使用も禁止)
 

カラスの親子

Posted by 蛟(みずち) on   0  0

2011年7月11日(月)曇り、雨 26~18℃

カラスも子育てのシーズンです。
屋上にも子供を連れたカラスがやってくるのよ

071102
鳴いてごはんのおねだりをするカラスの子
ハシボソガラスのようね

071103
お母さん?お父さん?に餌を食べさせてもらうカラスの子
見かけは親鳥とあまり変わらない大きさまで育っているけれど
くちばしの周りとお口の中が赤いので、子供とわかります。

071119
親鳥は足で抑えた餌を細かくちぎって子供にあげるのよ
子供ガラスの泣き声は「ギャーギャー」というようなかすれた子供らしからぬ声なのよねぇ・・・

071120
口をあける子供と足を踏ん張ってる親ガラス

カラスって嫌われも者の代名詞のようになっちゃってるけれど
賢くてよく慣れるようなので、飼ったら楽しいんでしょうねー
野鳥だから飼ってはいけないんですけど、怪我をしたカラスや雛を育てた人の
話を聞いたりすると素晴らしい生き物っていうのがよくわかります。

どうして嫌われちゃうのかしら?
大きいから?黒いから?ごみを荒らすから?
人間のせいで住処や食べ物を奪われて街に進出して、人の出すごみのせいで
数が増えて都会に集中したカラスも人間の犠牲者なのに・・・

ドイツやスイスでは大都市でもカラスはほとんど見かけなかったけれど
(ベルリンのベルリン動物園近辺にはハイイロガラスが沢山いたけれど)
ゴミの出し方や分別がしっかりしてるからだと思うわ~

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mizuchi02.blog129.fc2.com/tb.php/497-b2647ad9
該当の記事は見つかりませんでした。