FC2ブログ

花鳥獣風月(スイス生活)

スイスの野鳥、動物、花や景色、イベントなど  (Blog内の画像や文の無断使用禁止 引用、まとめサイトでの使用も禁止)
 

亜麻とワインのイベント

Posted by 蛟(みずち) on   0  0

2013年年9月22日(日)晴れ 19℃~-7℃ 11670歩

本日はチューリッヒ州のNeftenbach(ネフテンバッハ)と言う村にやって来ました♪
Winterthur(ヴィンタートゥール)近くの人口5千人ぐらいの村です。

b2013 0922 00019
屋根に「博物館」って書いてある亜麻の博物館

b2013 0922 00025
こちらはワインの博物館

スイスには小さい村にも色々な博物館があるの
ここの博物館は両方とも無料!

Orts- und Weinbaumuseum Neftenbach(オフィシャルサイト ドイツ語)
普段は4~10月の第一日曜日の14~17時しか開いていないのでご注意を!
(スイスの村の小さい博物館では、こういう営業時間が凄く短いのがよくあります。。。)

b2013 0922 00073
本日は「亜麻とワイン」のイベントが行われていたのよ

b2013 0922 00292
亜麻の刈り取りなどの体験や実現も行われていたのよ

亜麻と言うのはアマ科の一年草で、茎の繊維はリンネル(リネン)製品になるの
麻に比べてやわらかく丈夫で、亜麻の高級品は通気性、吸湿性が優れていて肌触りも良いので高級衣類に使われてたそうです。
フランス語で亜麻のことを「ラン」というので「ランジェリー(下着)」も亜麻から来た単語なんですって。
丈夫な繊維は船の帆布に使われたりと色々な用途があったそうです。

今は化学繊維に押されてあまり作られていないようです。

b2013 0922 00029
刈り取った亜麻をこの機械で押しつぶすの

b2013 0922 00070
結構、力がいるようですが、子供も体験してたわよ

b2013 0922 00068
潰した亜麻にブラシをかけて繊維をほぐしているところ

b2013 0922 00183
お休み中だったけれど、亜麻をすく場所

ちょっと順序忘れちゃったけれど、亜麻を潰してすいて、乾燥させてとか色々やって柔らかくなったのを紡いで糸を作り
その糸で織物を作るというのを見せていたの

糸を紡いだり織ったりは屋内で実演していたので、後で画像などはUPしますね。

b2013 0922 00097
博物館から撮影した様子
この辺りの数ヶ所がイベント会場になってっるの
ここはワインの産地なので、周りはぶどう畑

b2013 0922 00066
テーブルとイスが並んでるところでは食べ物、飲み物を売っているの

b2013 0922 00154
この日は午後に数回、Alpenhorn(アルプホルン、アルペンホルン)の演奏もしてたわよ

b2013 0922 00159
演奏が終わったあとに、私が写真を撮ってたのに気づいたおじさんが、わざわざ他のメンバーも呼んで下さって
記念写真撮らせてくれたの!
スイスの田舎のイベントに行くと親切な人が多いわー!感謝!!!

あっ、ワインのイベントも試飲とか地元のワインの販売とかやってたようですが、私はワイン全く飲めないし
匂いも苦手なのでそちらは見なかったの・・・でもワイン博物館は見てきたわよ

可愛いとか役にたったと思われた方はクリックお願いします!
ブログランキングに参加しています。1日1回各クリックで応援して頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mizuchi02.blog129.fc2.com/tb.php/5392-74b84a01
該当の記事は見つかりませんでした。