FC2ブログ

花鳥獣風月(スイス生活)

スイスの野鳥、動物、花や景色、イベントなど  (Blog内の画像や文の無断使用禁止 引用、まとめサイトでの使用も禁止)
 

キンメフクロウとコノハズク

Posted by 蛟(みずち) on   0 

2014年1月14日(木)雨、曇り 4℃~-3℃ 13420歩

Tierpark Lange Erlen Baselのスイスにいる鳥を集めている場所には小型のフクロウもいるのよ

b2014 0114 00469
キンメフクロウ

b2014 0114 01002
眠そうね 

和名:キンメフクロウ
学名:Aegolius funereus
独名:Raufusskauz
英名:Boreal Owl
体長:24-26cm
体重:90-210g

スイスには2000-3000ペアが生息(2009年調べ)涼しい森の中住む

森にいるしフクロウ類は夜行性で見つけにくいので、こういうところで見られるのは嬉しい♪

b2014 0114 01006
コノハズク
コノハズクはスイスではかなり珍しい野鳥で、生息数がたったの5-10ペア(2009年調べ)

b2014 0114 01288
木の裏に隠れていたコノハズク

和名:コノハズク
学名:Otus scops
独名:Zwergohreule
英名:Eurasian Scops Owl
体長:19-20cm
体重:75-95
スイスでは夏鳥

b2014 0114 01289
お休み中?のコノハズク

スイスでは珍しい野鳥も色々飼育しているので鳥好きの方にお勧め!

可愛いとか役にたったと思われた方はクリックお願いします!
ブログランキングに参加しています。1日1回各クリックで応援して頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。