FC2ブログ

花鳥獣風月(スイス生活)

スイスの野鳥、動物、花や景色、イベントなど  (Blog内の画像や文の無断使用禁止 引用、まとめサイトでの使用も禁止)
 

頑張れ!赤ちゃんゾウ

Posted by 蛟(みずち) on   0 

2014年6月18日(水) 晴れ、曇 24℃~9℃ 23250歩

チューリッヒ動物園ゾウパークで、昨日の21:04に産まれた赤ちゃんゾウ
戻ってみたら起きていたわ

b2014 0618 00612
小さいお鼻も上手に動かしてるの

b2014 0618 00614
左側に写ってるのは「砂」
大人の象が砂浴びをしてたのよ

b2014 0618 00615
へその緒がまだついている赤ちゃんゾウ
この赤ちゃんゾウは、ホント強い子だわー 産まれた翌日とは思えないぐらい歩き方もしっかりしてるの
生後たったの4分で自力で立ち上がった子なのよー

b2014 0618 00624
赤ちゃんゾウは何度も見ているけれど、生後1週~10日ぐらいと言っても信じるぐらい動きがしっかりしてるの

b2014 0618 00625
赤ちゃんゾウは鼻を使ってお母さんのおっぱいを探すの

b2014 0618 00626
鼻で場所を確認してから直接、口をあてておっぱいの吸うのですが・・・

b2014 0618 00628
残念!それはでっぱってるけれど、おっぱいじゃなくて脚のデキモノ・・・
しかもそのゾウはお母さんではなくておばさんのDrukです・・・。

b2014 0618 00630
あれ?おっぱいでない・・・

b2014 0618 00633
もう一回!嬉しそうにおばさんのデキモノに吸い付く赤ちゃんゾウ。。。

b2014 0618 00634
あれーおかしいな・・・

b2014 0618 00641
位置はあってるけれど、おばさんだからいくら吸ってもおっぱいはでないのよ。。。

b2014 0618 00645
奥がおばさんのDruk,手前がIndi 後ろが姉のChandra
私が見ていた時は赤ちゃんゾウはDrukのお腹の下にいることがおおかったの
お母さん間違ってる???

b2014 0618 00647
おっぱい飲めていないようだけれど、赤ちゃんは楽しそう
赤ちゃんゾウが小さいうちはこの子のように、よくおっぱいの位置を間違って脚のシワやデキモノ(タコのような場所など)に
吸い付く子が多いのよ
まだ小さい赤ちゃんは高い位置にあるお母さんのおっぱいを確認して吸うのは大変な作業なのねー

お母さんによっては鼻で誘導しておっぱいを場所を教えてあげるのだけれど、この赤ちゃんは元気なので
おそらく既にミルクを飲んでるのだと思うわ

b2014 0618 00648
手前がお母さんのIndi この子が3番目の子で、今までも赤ちゃんを立派に育てているのでこの子もきっと大丈夫でしょう!
赤ちゃんの面倒をとてもよく見ているDrukは実は出産経験がありませんが、IndiやCeyla-Himaliが出産したときは
いつもとてもよく赤ちゃんの面倒をみているのだそう
Drukはプロゲステロン(黄体ホルモン、プロゲストーゲン)の異常で妊娠することができないのだそうです。
それでも子供が大好きで自分の子のように可愛がってるの

ドイツのケルン動物園でも出産したことのないゾウで、子象大好きですっごくよく赤ちゃんの面倒を見ているゾウがいたので
ゾウによって性格もいろいろみたい
群れ飼育のゾウを見ていると性格もいろいろで興味深いわよー

可愛いとか役にたったと思われた方はクリックお願いします!
ブログランキングに参加しています。1日1回各クリックで応援して頂けると嬉しいです♪

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン

関連記事

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

該当の記事は見つかりませんでした。