FC2ブログ

花鳥獣風月(スイス生活)

スイスの野鳥、動物、花や景色、イベントなど  (Blog内の画像や文の無断使用禁止 引用、まとめサイトでの使用も禁止)
 

ウールピッグ(動画付)

Posted by 蛟(みずち) on   2  0

2011年10月1日(土)曇り、晴れ 20~9℃

Pro Specie Rara Tier-Expoの豚さん

111001191
Wollschwein(直訳すると 毛 豚)親子
ドイツ語だとMangalitzaschwein、 Schwalbenbauchとも呼ばれているようです。

Mangalitza(マンガリッツァ)というハンガリーの国宝の豚がいるのだけど、どうやらそれと同じみたい
マンガリッツァは保護されて、国宝なのに食べられちゃう・・・というなんとも珍しい動物

19世紀にハンガリーで作られた豚と言ってもイノシシに近いようで、絶滅の危機にあり
欧州各国で保護活動が進んでいるようですが、保護しながらもお肉が上質なので一流レストランなどで好んで使われてるみたい

霜降りのお肉が美味しくってイベリコ豚とか神戸牛に似てるんですって!
マイナス30℃にも耐えられるよなので北海道でもぜひ飼育して欲しいわー

111001493
マンガリッツァだと豚と言っても猪の方に近いようで、子供はウリボウなの
この子たちはウリ模様の出ている子とほぼ黒い子がいるけれど、個体差があるのかしら?
お母さんも毛があまり長くないのよね・・・

111001495
お母さん、柵の手前でお休み中で色んな人に撫ぜ撫ぜされてたわ
毛質は普通の豚よりは柔らかいけれど、わりと硬くてヤギの毛に近い感じかしら

111001186
豚さんのブース
スイスにもウールピッグの保護とかを行ってる団体があります。(このブースがそうだと思うわ)
Wollschwein.ch(独語)

リアルな感じの豚さんのイラスト入りグッズなども売っていて「豚さんラブ~♪」って感じだけど
その豚さんのサラミとかも売っちゃってるの・・・笑

スイスの動物の展示会では、動物を見て触って可愛いー!とか言いながらそのお肉を食べるってよくあるのよー
小動物の展示会の定番はウサギを見ながらウサギ料理を食べることだし、アルパカショーでも
アルパカのサラミとか売ってるしね(私も食べたけど・・・苦笑)

動物は見るのも飼うのも食べるのも好きー!って言う人が多いのかも?(私もそうですけど・・・)

111001218
屋外にいたWollschweinたち
小柄だったのでまだ若い固体なのかしら?

Wollschwein(ウールピッグ)の動画↓



Veohで動画をUPしてたけれど、Youtubeの方が画質が良いようなのでまたYoutube使ってみました。
せっかくHDで動画撮れるので・・・
でもVeohは埋め込みコードとか個人で使えるけれどYoutubeはそれが出来ないのが難点・・・

111001219
この子は毛が長くてウールってイメージにぴったりかも?

111001222
フレンドリーな子が多くて撫ぜてもらって気持ち良さそうにしてる子もいたわよ

ドイツやスイスではTierpark(動物公園、動物園より小規模な所が多い)で飼育してるところが結構あるみたい
憧れのウールピッグを見られて、赤ちゃんも見られたし、撫ぜ撫ぜできたし大満足よー♪

ランキング参加中です。クリックで応援宜しくお願い致します。


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン

関連記事

2 Comments

miw says...""
昔「ハモンハモン」っていうスペイン映画見て
ペットとして飼っていた子豚が交通事故にあったらオーブンに入れた!!
というのに かなり衝撃を受けたけど
(豚を食べるのは普通だけど ペットだったのに???と)
文化の違いなんでしょうね~
その命を最後まできちんといただくっていうのも
繁殖させて種を維持していく1つの理由になってるのかな。。。
2011.10.10 21:48 | URL | #q8c7XMy2 [edit]
みずち says...">miwさん"
日本の映画「食堂かたつむり」でも可愛がってた豚を食べちゃうんですよね・・・(飛行機の中で見たの)
普通の人に豚を殺してベーコンとかソーセージまで作るのは無理だと思うけど。苦笑

利休はウサギをとって皮はいで・・・とかイギリスでやってたようだし、利休のお母さんも
ウサギとか鶏さばいたりするのよねぇ・・・
スイスの村とかではお祭りのときとか持ち回りで各家庭の家畜を殺して丸焼きとか今もやってるようだし。
でもコレが原因でベジタリアンになったって言う話も聞いたことあります(可愛がってたウサギを食べられたとか)

私は変わったお肉に挑戦するのが趣味だけど、切って並んでるのじゃないとダメ
殺してとかは無理~!

西洋では家畜は神様からの贈り物で、食べても良いものということになっているようなので
食べるのが当然っていうのが根本にあるみたい
日本だと明治維新ぐらいまでは四足は食べないとかってなってたので歴史がかなり違うわよねー

種を維持するっていうのも家畜だから食べたり毛や皮を利用しないと意味がないってことになっちゃうんだと思います。
野生にはいないわけだから誰かが血統を守って飼い続けるってことですねー
2011.10.10 22:52 | URL | #- [edit]

Leave a reply






管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

trackbackURL:http://mizuchi02.blog129.fc2.com/tb.php/661-c3186f9f
該当の記事は見つかりませんでした。