スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

新しくオープンしたペンギンの飼育場

2015年3月8日(日) 晴れ 15~-4℃ 12572歩

Knies Kinderzoo(クニー・キンダズー)でチーターの飼育場の横に同じオープンしたペンギンの飼育場

b2015 0308 00372
奥に見える小屋はチーターの場所です。
飼育を始めたのはフンボルトペンギンで広い陸地と巣になる場所も何ヶ所もあります。

b2015 0308 00373
右が陸地で左がプール

b2015 0308 00374
このプールは旧ゾウ用のプールをリニューアルしたもの
ゾウがいたときは小さめのプールって感じでしたが、小さいフンボルトペンギンが入ると広々プール!
この動物園は小さいお子さんが多いので、ペンギンが近くで見られて大人気になってたわ
子供が常にいたので画像は撮れませんでしたが、ガラス越しに泳ぐペンギンを見られる場所もあるの

この動物園はサーカス経営の動物園で、家畜やふれあいできる動物中心なのだけれど、今回新しく作った
ゾウパーク、チーター、フンボルトペンギンの飼育場は全て見やすさと共に動物にも配慮していて
住みやすそうな環境で広さもあって普通の動物園に負けないぐらい素晴らしい作り!
プライベートの動物園でこういうのを作るのは大変だと思うけれど、よく頑張っていて好感が持てました。

欧州は特に動物を飼う環境について厳しい意見を言う方や団体も多いので、サーカスでの動物の使役についても
色々言われたりはしていますが、Kniesは動物たちを冬は暖かい場所に「ホリデー」に連れて行ったり
ここの動物も冬季は休園でゆっくりできるようだし、ラクダ、ゾウ、ポニーに乗る時間もちゃんと短時間にして
休憩を動物に与え人が多いときも時間延長をせずに1日に乗せる人の上限を定めているので大切に飼ってる気がします。

b2015 0308 00370
泳ぐフンボルトペンギン
殆どのペンギンがプールにいて陸にいる子はあまりいなかったわ

b2015 0308 00364
驚いたのが殆どが若いペンギン
長期飼育できるように若い固体ばかり入れたのかしらね?

b2015 0308 00366
フンボルトペンギン 若い子ばーっかり

b2015 0308 00367
成鳥もいたわー!

b2015 0308 00909
広々プールで楽しそうに泳いでいて環境にも慣れているようで良かったわ

ブログ内の全ての画像、動画や文章などは無断転記無断掲載、使用は禁止です!
引用も許可していません 詳しくはこちらを見て下さい 動画・画像について
画像は有料でご使用頂けますので使いたい画像のある方は必ずお問い合わせ下さい
有料なので「出典」と載せていても勝手に使用すると使用料を請求させていただきます。
リンクご希望の方も必ずご連絡下さい!

ブログランキングに参加しています。記事を気に入って頂けたらクリックで応援宜しくお願い致します♪

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン
関連記事

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。