ナイルワニとコビトマングースの混合飼育

2015年7月30日(木) 霧、曇、晴れ 22~9℃ 21772歩

Zoo Basel(バーゼル動物園)のGAMGOASという建物内で飼われているナイルワニの飼育場に昨年末から
コビトマングースも一緒に飼いだしたのが気になっていたので見てきたわよ

b2015 0730 01576
建物内の屋内展示でお客さんが見る場所からはちょっと距離があるのでコビトマングースは小さいし動きも速いので
注意して見ないとなかなか見られないような気がするわ

b2015 0730 00247
ナイルワニ

b2015 0730 01478
大きい口を開けたナイルワニの奥の木の上にコビトマングースがいるの

b2015 0730 01480
ナイルワニにピントを合わせているけれどコビトマングースもわかるでしょ?

b2015 0730 01481
ワニはマングースに興味を示さずマングースには見張りがいてワニが近づくと警戒音を出して
仲間に知らせるので混合飼育でもワニに食べられることはないそうです。

b2015 0730 01579
ナイルワニ

b2015 0730 01580
コビトマングースはナイルワニのわりと近くを走り回ってたわよ

b2015 0730 01556
コビトマングースは木の上やこういう隠れられる場所にいることが多かったの
こういう場所にいたらワニに襲われることはないわねー

b2015 0730 01555
この子はコビトマングースの子供 3月3日に飼育員さんが2匹の赤ちゃんを見つけたそうです。
もうすぐ生後5ヶ月なのでかなり大きくなってるの 大人より少し小柄ぐらいの大きさです

b2015 0730 01590
ナイルワニの入るプール内にはお魚もいっぱい
葉っぱを食べてた魚達

ブログ内の全ての画像、動画や文章などは無断転記無断掲載、使用は禁止です!
引用も許可していません 詳しくはこちらを見て下さい 動画・画像について
画像は有料でご使用頂けますので使いたい画像のある方は必ずお問い合わせ下さい
有料なので「出典」と載せていても勝手に使用すると使用料を請求させていただきます。
リンクご希望の方も必ずご連絡下さい!

ブログランキングに参加しています。記事を気に入って頂けたらクリックで応援宜しくお願い致します♪


にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン

ブロトピ:動物園・水族館・保護センターに行ってきました
関連記事
[ 2016/07/11 00:19 ] スイスの動物園・動物公園 Zoo Basel | TB(-) | CM(6)

蛟さんこんにちは!
マングースの記事教えて頂いてありがとうございます。
ひょこっと顔を出すマングースがめちゃくちゃ可愛い!!!
それにしても、ツイッターもですがブログの情報量にビックリの連続です(笑)

ここもすごい組み合わせですね~。
確かに生息地はカブってるけどwまさかの混合展示。
お互い刺激があるでしょうしコビトのほうに小さい岩場の穴なんか用意されてるところがさすがですね。
バーゼル動物園とチューリッヒ動物園は近いんですか!?
近郊にこんな動物園が2つもあるなんて本当に素敵な所に住んでいらっしゃる。
他の記事も後追いでゆっくり読ませてもらいます♪楽しみが増えました(≧∀≦*)
[ 2016/08/15 10:41 ] [ 編集 ]

>マル様

コビトマングース可愛かったです!最初に動物園のニュースで読んだ時に
ナイルワニの場所がそれ程広くないのは知ってたので、えー?大丈夫なの???と思いましたが
隠れる場所や登れる場所もあって大丈夫そうでした。
ただちょっと距離があるので、マングースを見るには双眼鏡とかないとよく見えない気はします。

普段から家に来る野鳥とか撮影していて画像枚数がとても多いので、写真整理してトリミングやロゴ入れたりの
準備だけでも物凄く時間がかかるのでブログUPするのに時間がかかってしまってUPしていない日が物凄くあるのです・・・。
行ったらTwitterに少し画像のUPはしていますが、Blogに書いていないの溜まり過ぎです・・・。

バーゼルからチューリッヒはICという新幹線みたいな電車で1時間で行けます。
バーゼル動物園はバーゼル駅から徒歩かトラムで15分ぐらい チューリッヒ動物園はチューリッヒ駅からトラムで20分+徒歩5分です。

Blog楽しんで頂けて嬉しいです♪
[ 2016/08/15 15:08 ] [ 編集 ]

溜まりすぎの画像wwわかります。
蛟委員会主催の溜まり過ぎた写真を見るイベントとかあったら盛り上がりそうですね(笑)

そっか~…、動物主体の環境にすると来園者から見えにくくなるという状況が発生しちゃうんですねぇ。
でも動物がのびのび過ごしてるの見られるなら双眼鏡持参も悪くないと思うんですけどね。
日本だと文句言うお客さんいるだろうなぁ…。
そう考えたら、日本は来園者の意識から変えていかないとダメですね(´・ω・`)

トラム!知ってます。
何年か前に日本のTV番組で女性タレントさんがヨーロッパの貧乏旅みたいなのしていて、トラム旅も観てました!犬とか自転車とか一緒に乗れていいなぁって思ってました。
なんか記事の内容からそれちゃってすみません!(笑)
失礼しました~。
[ 2016/08/15 16:18 ] [ 編集 ]

>マルさま

溜まり過ぎの画像本当に凄いのです・・・行く動物園の広さや滞在時間にもよりますが1000~2000枚+動画なので
1日の見るだけでも2時間とかかかっちゃうの・・・
一応取り込んだ後に明らかにピンぼけとかボツ画像は削除してるんですけどね

動物園の環境 動物のストレスを抑えてお客さんからも見られるようにっていうのはなかなかその加減が難しいですよね
それでも動物園はまだ見やすいし隠れていても通っているとその動物のお気に入りの場所がわかるので
どこにいるかわかるので、私も動物を探してる人がいると「あそこの岩の横にいますよー」とか教えてあげてます。

爬虫類や両生類は見つけにくい場合が多いので、数人でケースを囲んでじーっと見ていて競争みたいになることもあって
先日5人ぐらいの人がわりと長時間水槽内の亀を探していて内心私はチューリッヒの常連としてはここは負けられないっ!と
闘志を燃やし(w)1人の方が「あそこ!」って言ったのが実は葉っぱで・・・その後私が見つけた時に
嬉しくって「I found it-!」と思わず叫んでしまい恥ずかしかったですが、他の方にも教えてあげて楽しかったです♪

特にマダガスカルの熱帯雨林を再現したマソアラは建物内がジャングルで動物放し飼いなので何か見つけると
お互いに近くの人に「あそこにカメレオン!」とか教え合ったりしていますよ
動物園で柵の中にいる動物を行けばいつでも見られるという状況より、自然に近い環境の中にいる動物を一生懸命探して見つける
っていうのは子供にとっても良いと思うんですけどね・・・。
小さいお子さんだと背が低くて茂みに隠れている動物が見えないとかって言うのもあるので
必死に見ようとしてるお子さんにはデジカメで撮影したのをディスプレィで見せたりすることもあります。
そうするとあそこにいるって言うのがわかるので凄く一生懸命見るんですよー
見られた時の喜びも大きいと思います。

トラム、スイスのは犬も自転車も乗せられます(どちらも有料)
自転車は通勤・通学の時間帯(朝、夕のラッシュ時)には乗せられませんけど。
最近のトラムは高低差も低くベビーカーも楽に乗り降りできるようになっています。
動物園行きのトラムなんて半車両に先日5台ベビーカーが乗っていて流石にそれは乗せすぎで
乗り降りのドアの前塞がってましたけど、こちらではベビーカーがー!と文句言う人は見たことないです。

[ 2016/08/15 19:36 ] [ 編集 ]

トラム事情ありがとうございます。
あらゆる面でスイスって大人がちゃんと"大人”である国なんですね。

色々と貴重なお話聞けて本当に楽しいですわー。
共感する部分も多くて、発見競争とか笑ってしまいました(笑)
自然に近い環境の中にいる動物を一生懸命探して見つけるってまさに同感です。
もちろん近くに来てくれるに越したことはないのですが。

ではでは、連日のコメントに丁寧にレス頂いてありがとうございました♪
またお邪魔します~☆
[ 2016/08/16 09:48 ] [ 編集 ]

>マル様

いえいえこちらこそどうもありがとうございます。
今後も宜しくお願いいたします♪
[ 2016/08/16 21:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する