スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

水鳥放し飼いエリア2 (動画付)

2014年1月9日(木) 曇り、雨 0~12℃ 17528歩

Zoo Zürich(チューリッヒ動物園)の水鳥放し飼いエリア 
Selenga Feuchtgebiet für Wasservögel(水鳥のためのセレンガ川湿地地帯)の続きです。

b2014 0109 00139
中央はホオジロガモのオス 手前はヨシガモのメス 右はミコアイサのメス

b2014 0109 00160
ホオジロガモ オス

b2014 0109 00144
コハクチョウ

b2014 0109 00157
アオガン 水浴び中

b2014 0109 00154
アオサギ 野鳥
アオサギはよく来てるの チューリッヒ動物園内の敷地に巣も作ってるのよ

b2014 0109 00148
シュバシコウ(ヨーロッパのコウノトリ)
シュバシコウは渡り鳥なのだけれど、渡りをしない個体も多くチューリッヒ州では一年中見られます。
(チューリッヒで生まれて寒くなると南に渡る個体もいます)

b2014 0109 00149
この巣!こんな低く人の近くに作ってるの!
以前からここに巣は作っているけれど、この場所で繁殖に成功したことは残念ながら見たことはありません
人に近いと言うのはシュバシコウが選んでここに作っているので(高い場所にも作る場所はある)
それ程ストレスは感じていないと思うけれど、この敷地内にキツネだとか野生動物が入り込むことがあるそうで、
それがここの水鳥の繁殖率の低さに繋がっていると聞いたので、この場所の巣は危険だと思うわ・・・

シュバシコウとアオガンの動画↓



シュバシコウは小枝を咥えているので、もう巣の手直しを始めてるみたい

b2014 0109 00151
シュバシコウ
巣の場所、もう少し検討したら?

ブログ内の全ての画像、動画や文章などは無断転記無断掲載、使用は禁止です!
引用も許可していません 詳しくはこちらを見て下さい 動画・画像について
画像は有料でご使用頂けますので使いたい画像のある方は必ずお問い合わせ下さい
有料なので「出典」と載せていても勝手に使用すると使用料を請求させていただきます。
リンクご希望の方も必ずご連絡下さい!

ブログランキングに参加しています。記事を気に入って頂けたらクリックで応援宜しくお願い致します♪

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン

ブロトピ:動物園・水族館・保護センターに行ってきました
関連記事
[ 2016/12/09 21:38 ] スイスの動物園・動物公園 Zoo Zuerich | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。