歩き回るユキヒョウ(動画付)

2014年1月9日(木) 曇り、雨 0~12℃ 17528歩

Zoo Zürich(チューリッヒ動物園)の2001年に動物園の一角に総合エリアとしてオープンした
Himalaya Gebirge für Schneeleoparden, Amurtiger, Kleine Pandas und Wölfe(ユキヒョウ、アムールトラ、レッサーパンダ、オオカミの為のヒマラヤの山々)
動物はそれぞれ種類ごとに展示されていて混合飼育ではありませんが、この辺りは動物の生息地を再現したような作りの生体展示です。

b2014 0109 00805
ユキヒョウ メスのDshamilja

b2014 0109 00806
画像でもすぐわかると思いますが、右後ろ脚が地面に殆どつかないようなこの歩き方は、子供の頃に密猟者の罠にかかって
怪我をして足が不自由になった為
発見された時は狭い箱の中で糞尿にまみれ脚は怪我をし、かなり酷い状況で、複数の機関や動物園、保護団体、政府などの
多くの協力や看病助けられて欧州にやって来たの

b2014 0109 00807
痛々しい姿で可哀想に見えますが、母親と兄弟が死んでしまったのに唯一生き残り子孫も残しているので不幸中の幸いだったと思うわ

b2014 0109 00808
Dshamiljaがキルギスで保護されたのが2000年、チューリッヒ動物園に来たのが2001年なので
Dshamiljaの為に用意された敷地と言っても良いんじゃないのかしら?
この日は見られず画像はないですが、オスのVillyは2003年生まれで2006年にチューリッヒにやって来たの

b2014 0109 00809
ちょっと見かけは不格好ですが、動物園内では絶壁の登り降りも普通にしているの

b2014 0109 00810
Dshamiljaは野生の個体なので、動物園関係者は新たな野生の血統が動物園生まれのユキヒョウに加わり大喜びだそうです。
この時点で5回の出産で5匹の子を産んでるの 一人っ子ばかりなのね

ユキヒョウDshamiljaの歩く動画↓



b2014 0109 00812
おすわりするDshamilja

b2014 0109 00814
立派な牙!怒ってるのではなくてあくびです。

b2014 0109 00817
Dshamiljaはとっても美人なの♪

b2014 0109 00822
冬はやっぱり動いてることが多いわよね

b2014 0109 00841
この奥の木がある辺りは暑い時はよく座って休んでる場所

b2014 0109 00840
Dshamilja

b2014 0109 00843
とっても綺麗なDshamilja 元気で長生きしてほしいわ

ブログ内の全ての画像、動画や文章などは無断転記無断掲載、使用は禁止です!
引用も許可していません 詳しくはこちらを見て下さい 動画・画像について
画像は有料でご使用頂けますので使いたい画像のある方は必ずお問い合わせ下さい
有料なので「出典」と載せていても勝手に使用すると使用料を請求させていただきます。
リンクご希望の方も必ずご連絡下さい!

ブログランキングに参加しています。記事を気に入って頂けたらクリックで応援宜しくお願い致します♪

にほんブログ村 写真ブログ 動物写真へ
blogram投票ボタン

ブロトピ:動物園・水族館・保護センターに行ってきました
関連記事
[ 2016/12/15 20:02 ] スイスの動物園・動物公園 Zoo Zuerich | TB(-) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する